FC2ブログ

ゴルフ的私的空間

スポーツ音痴の中途半端人間、そしてゴルフにはまる! 成長と退化との戦いを綴る

キビタキ? オオルリ? 

蒸し暑い朝ですが熱帯夜からは抜け出しています。



ゴルフツアー、
日本男子はセガサミーカップ、-5、石川遼首位発進が話題です。
ジリ貧JGTOがすがりたい気持ち大きいでしょうね。

PGATOURは最終戦のツアーチャンピオンシップ、
7打差-3からスタートした松山英樹、4つ伸ばし-7。
-10スタートのジャスティントーマスが伸ばせず団子状態です。
一躍3打差、こうなると調子の良い選手が断然有利、松山英樹、あり!ですね。




【泉に来る野鳥たち(1)】

残念なラウンドのあと、頭を切り替え山中湖近くの泉に。
茂った樹木で暗い!F5.6、ISO Max6400、これでSSはせいぜい1/100、良い絵は望むべくもありませんでした。
今回は一番多く来てくれたキビタキ、メスはルリビタキ、コサメビタキとの違いが分かりづらいですね。
ド素人の自分の選別ですので違っていたらごめんなさい。



≪キビタキ オス≫
20190821a__03.jpg


20190821a__04.jpg


20190821a__05.jpg




≪キビタキ メス≫
20190821a_.jpg


20190821a__01.jpg


20190821a__02.jpg


20190821a__06.jpg


20190821a__07.jpg


20190821a__11.jpg


20190821a__15.jpg


20190821a__16.jpg



≪キビタキ 幼鳥(?)≫
20190821a__14.jpg


20190821a__17.jpg




≪キビタキとオオルリのメス≫
20190821a__12.jpg




≪オオルリ メス≫
20190821a__08.jpg


20190821a__09.jpg


20190821a__10.jpg


20190821a__13.jpg

  
  1. 2019/08/23(金) 07:22:17|
  2. BIRD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下手すぎ!


昨日のラウンド報告です。
暑くもなく寒くもなく風も弱くラウンドには絶好のコンディションでした。


グリーンスピードは普通でしたが、鳴沢としてはかなり遅い感じでした。





クラブハウス前






2017年第32R (2019年8月21日(水))
コース : 鳴沢ゴルフ倶楽部
ティ  : バック
グリーンスピード : 普通
コンディション  天気:曇り時々晴れ  風:弱  気温:23℃~27℃
使用ボール : TP5X(2017)


20190822052825430.jpg



【前半】OUT

◇No.01 553Y P.5 +3(2)
 1W:ショボい当たりもFW、5W:FW、(180Y)U21:ちょっと引っかけ!池!、(70Y)58°:P奥12m、2PT トリプルボギー!!

◇No.02 383Y P.4 △(3)
 大きくフック!左R、(185Y)5W:P左手前23m、お決まりの3PT ボギー

◇No.03 229Y P.3 □(2)
 5W:左手前ヘビーラフ、(45Y)58°:G奥カラーとラフの境目、(10Y)PT:P手前1.5m、2PT ダブルボギー

◇No.04 391Y P.4 +3(2)
 1W:ヒッカケ!木に当たり左R、U21°:右R(175Y)U24°:G手前BK、(20Y)58°:出ただけ、(10Y)58°:P奥3m、2PT トリプルボギー !!

◇No.05 554Y P.5 □(3)
 1W:テンプラもFW、3W:FW左、U24°:FW、(80Y)52°:左手前18m、お約束の3PT ダブルギー!!

◇No.06 425Y P.4 △(2)
 1W:左BK、8I:FW、(45Y)58°:P右7m、2PT ボギー

◇No.07 457Y P.4 △(1)
 1W:右R、 (木が邪魔)52°でレイアップ:枝にさわった!ラフ、(165Y)U24°:右手前R、(40Y)58°:P左0.3m、1PT ボギー

◇No.08 174Y P.3 +3(2)
 U24:こすり玉!右R、(80Y)52°:G右手前BK、(25Y)58°:出ただけ!、(18Y)58°:PT:P左手前6m、2PT トリプルボギー !!

◇No.09 453Y P.4 △(2)
 1W:FW、(190Y)5W:G右手前R、(30Y)58°:P左手前2m、2PT ボギー

前半は+17の53! 19パット!




【後半】IN



◇No.10 184Y P.3 ⎯(2)
 U24°:P右手前14m、2PT パー

◇No.11 386Y P.4 △(1)
 1W:FW、(165Y)U24°:G左手前R、(15Y)58°:ショート!カラー、(8Y)PT:P奥0.2m、1PT ボギー

◇No.12 530Y P.5 △(2)
 1W:左R、U21°:FW、(165Y)U24°:G右手前BK、(25Y)58°:P右奥5m、2PT ボギー

◇No.13 405Y P.4 □(2)
 1W:左!木に当たり木下、U24°:FW、(140Y)8I:G右BK、(25Y)58°:出ただけ、(15Y)52°::P右奥5m、2PT ダブルボギー

◇No.14 368Y P.4 □(1)
 1W:プッシュ!右の林!、8Iでレイアップ:まだ右R、(165Y)U24°:G左BK、(20Y)58°:G左カラー、(13Y)PT:P左0.3m、1PT ダブルボギー

◇No.15 389Y P.4 △(2)
 1W:左R、(140Y)8I:G左手前R、58°:P奥10m、2PT ボギー

◇No.16 204Y P.3 △(2)
 5W:G手前R、(25Y)58°:P手前6m、2PT ボギー

◇No.17 398Y P.4 □(2)
 1W:プッシュ!右BK、アゴ高PW:ダブって出ただけ!、(160Y)U24°:G左Bk:(25Y)58°:P左6m、2PT ダブルボギー

◇No.18 534Y P.5 +3(2)
 1W:ヒッカケ!左木ノ下、U21:木を高さで越えようと狙ったがちょっと足りず枝に落とされ木ノ下、8Iでレイアップ:ラフから出ず左R、(140Y)8I:予想どおりの池!、(95Y)48°:P右12m、2PT トリプルボギー


後半は+13の49ストローク、16パット。

20190823055758131.jpg

トータル102ストローク(+30)、35パットでした。

ラフは強烈に深かったです。
ドライバーが『重症』のダックフックでラフに捕まる→距離が残って→無理をしての悪循環の繰り返しでした。
バックから、高原で良く飛ぶとはいえ、曲がりまくってその恩恵は少なく非常に厳しかったです。

かなり凹んで、『もう良いか!!』の心境です。

  
  1. 2019/08/22(木) 06:42:24|
  2. ラウンド
  3. | コメント:4

2年ぶりの鳴沢です


今日は予約投稿です。



過去、5、6回プレイしていますがこれほどの逆さ富士はお目にかかったことはありません。

narusawa.jpg


せいぜい、こんな感じでした。
(プレイ中に三脚立ててNDフィルターかまして波を消すのは不可能ですし)

131118_08_No07a1.jpg



ならばリベンジ!
って訳ではないのですが、
それでも良い逆さ富士は見てみたい!

まあ、期待はしていません。

過去のブログ

2013/8/2

2013/11/18

2017/11/17


ヘタを晒していました。

今回も同じ!否、それ以上かも! でしょうが、このコースやめられません。





【昨日のカット】

図書館の帰り、アオゲラを見つけました。
相変わらずまともな写真は撮れませんが・・・。

20190820a_.jpg



これは今が盛り?
ツクツクボウシの声が大きくなってきましたが・・・。

20190820a__01.jpg


   


  1. 2019/08/21(水) 07:39:15|
  2. ラウンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分かっていてもできないこと

昨日の夕方から降り続いていた雨はとりあえず止んでいます。
ただ、また夕方にはまた雷雨の予報も・・・。
蒸し暑い!



前回のラウンドの反省を込めてドライビングレンジに行ってきました。
それぞれのショットはいつも通りショボいのではありますが、ドライバーのダックフックは目立つことはありませんでした。
練習と本番、これだけ違うと戸惑い感が凄いです。
キチンとフィニッシュをとるようなバランスが重要なのですが本番では中々できない!
分かっちゃいるけど出来ないもどかしさを持って帰って来ました。


さて、
「しぶこ」フィーバー、凄いことになっているようです。
(宮崎某に比べれば大人しいですが・・・)
世界のメジャーに勝ったのですからある程度はやむを得ないですが、日本のマスコミは密に群がる蟻のように節操がないですから!
先のNEC軽井沢72も肉体的、精神的ピークにあって、ゲーム後は「茫然自失」だったようです。

一ゴルフファンとしては渋野日向子がマスメディア、特にバラエティなどに出なくても、むしろ出ない方が良いのですが・・・。
石川遼にしても
ゴルフで結果を出しての石川遼であり、渋野日向子であるのですから。

次戦はオフとのこと、
静かにゆっくりリフレッシュされんことをお祈りいたします。




【戦場ヶ原の野鳥たち(4)】

林間学校の小学生の行列の遥か彼方、見つけました。
ノビタキさん
遠くて残念ですが。

20190608g__12.jpg




20190608g__13.jpg




20190608g__14.jpg




20190608g__15.jpg




20190608g__16.jpg

  
  1. 2019/08/20(火) 05:56:53|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めくれるボールの穴井詩とジャスティントーマス

湿度の高い夜を過ごしました。
今日日中は曇天高湿、夕方から降ってくるようです。




ゴルフツアー、
昨日のNEC軽井沢72、TVを含めた観戦者の多くは渋野日向子の18番、固唾を飲んで見ていたことでしょう。
奥5mの下りのバーディパット、入れれば優勝、2パットでプレイオフでした。
その結果は自分的に頭をよぎった3パットボギー!
1stパット下りのタッチ、難しかったですね。
というか、狙った強気のパットが裏目、更に返しの2mは「ヒョロヒョロボール」でした。

ということで優勝はプレイオフでイミニョンを下した穴井詩、
先々週の大東建託いい部屋ネットレディースの2日目で付いた葭葉ルミ、山路晶との飛ばし屋グループの一員、
ギャラリーやボランティアなどへの愛想は今一でしたがボールの初速の速さは抜けていました。
3人とも飛ばし屋で女子プロではあまり見ることのできない「めくれるボール」を打つ、特に穴井詩のアイアンで「吹け上がり気味」のボールは超絶でした。
まあ、この方向で人気のある選手、これはこれで良いか!



PGATOUR、プレイオフシリーズ第2戦BMW選手権、
-21と2位に6打差でスタートしたジャスティントーマス、ティショットが曲がってボギー発進、その後もモタモタ!
それでもボギーは2つだけ、要所でバーディ取って-25、結局は3打差の逃げ切り優勝でした。
これでFedExポイントランキング1位、-10のスターティングストロークでツアーチャンピオンシップに臨みます。
個人的にも強いトーマス、ケプカ(3位で-7スタート)の優勝争いが見てみたいものです。

一方、昨日不甲斐ないゲームをした松山英樹はショットがキレキレ、パットも入って『松山チャージ』で2日目と同じ63ストロークで通算20アンダーは単独3位、恐ろしい男です!
FedExポイントランキングは15位、-3のハンデを持っての来週です。
かなり厳しいですが、『あるかも!』ですね!

しかし、US-PGATOURプレイヤー、5mくらいのパットをほぼ入れてくる!
上手いわ!
(当然か?)




【戦場ヶ原の野鳥たち(3)】

今回はエナガ、どこにでもいる鳥さんです。

20190608g__09.jpg



20190608g__10.jpg

   
  1. 2019/08/19(月) 07:00:46|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
多摩の地に暮らす

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラウンド (456)
道具のこと (184)
進歩と後退 (162)
ゴルフツアー雑感 (990)
徒然なるまま (629)
GDO移行 その他 (1)
GDO移行 PDCA (2)
プチ登山 (56)
物欲日誌 (24)
書評 (52)
風景 (78)
お酒のこと (21)
BIRD (95)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる