越路吹雪 って!

Category : お酒のこと

曇っていますが、これから晴れてくるようですが、
やや不安定な一日のようです。

もう二週間もすれば『梅雨入り』でしょうか?
沖縄奄美はすでに入りました。

20170516_00001.jpg

ちょっとピント、甘いですね!



昨日途中までだったザ・プレーヤーズ選手権、
キム・シウが3打差で優勝でした。
追いかけるべき選手が軒並み落とす展開にも助けられましたが、最終日-3は立派です。
21歳、18歳からツアーカードを獲得した凄い選手ですが、腰痛による棄権も多数とのこと、どんな選手になるか気に留めておくことにします。
韓国は『徴兵制度』がありますので、その辺が懸念材料ではありますが。
そういえば、ベ・サンムンはどうしたのでしょうか?
2年間の兵役中か?




さて、最近頂いたお酒。

102405016_01.jpg 102405016_02_20170515193820732.jpg

越路吹雪 大吟醸
それなりのお歳の方にはどこかで聞いたような名前ですが・・・。

山田錦を42%まで研いた年間限定2000本の一品です。
昨年頂いたお酒を開けました。
感じたことを一言でいうと、

香り高き華やかな上品な辛口

ですかね。
吟醸香は華やか、
口に含んでもそれは変わらず、
辛口ながら旨味も感じられ、
喉ごし、切れもいい。

旨いお酒でした。
頂いたお酒ですが、値段を検索してビックリ!
まあ、味相応とも言えますが。

獺祭!

Category : お酒のこと

曇りの朝、
夕方から雨が降ってくるようです。

20170426080254450.jpg


さて、久々の日本酒のお話です。

戸塚カントリークラブでのラウンドの前日ですから、3月28日に遡ります。
4月の人事異動を前にして歓送会(自分のではありません)が行なわれ、痛飲・大いに酩酊してしまいました。
実を言うと、大いに酩酊どころではなく、立ち上がることさえできない状態が2時間ほど・・・。
その原因が、日本酒だったこともあってしばらく控えておりました。

そして、再開したのは2週間前、
リハビリのつもりで近所の酒屋においてある、いつもの



を購入、いただいてみました。
ややフルーティで飲みやすく程よい甘みと切れで個人的には定番の「至」でしたが、なぜか旨みが感じられない。
というか、若干、日本酒を体が拒否している!
そんな感じがしました。

そんなこともあったのですが、
やはりおいしい日本酒は飲みたい!
ということで、

20170424_00001.jpg


旭酒造 獺祭 純米大吟醸 50

獺祭を初めていただいたのは10~12年くらい前、山口に赴任していたとある方が「これは旨い!」といって、「研き39%」を呑ませてくれました。
そのときは「こんな華やかで後味がすっきりしたお酒があるんだ!」と感動した記憶があります。

獺祭はその後、超有名に!
旭酒造、ベテランの杜氏の退職を機に美味しいお酒ができるための各工程を徹底して数値化し管理、搾りも遠心分離機で品質維持、酒蔵全体を温度管理して一年中の酒造環境を構築したそうです。

そこから生み出される「獺祭」、プレミアム取引もされているようですが、京王ストアは提携しており定価販売、
リーズナブルな「研き50%」をお買い上げしました。

グラスに注ぐと華やかな吟醸香、
フルーティで程よい甘みとドライさを併せ持った味わいを感じました。
のど越しも良く切れもあり美味しいお酒でした。
癖のない吟醸酒の教科書のようなお酒の印象、
これが3K円ちょっとでいつも安定して呑めるのはすばらしい!

日本酒が美味しく感じられる体調も回復したようで何よりです!
次は、生酒、できれば原種系で瑞々しくてガツンと来るようなお酒をいただいてみたいです。

それには季節が移ろってしまいましたが・・・。

真野鶴大吟醸無濾過生原酒をいただきました

Category : お酒のこと
朝は曇り、
生暖かい感じで風が強いです。

20170224080415091.jpg




20170224080511348.jpg






PGATOUR、
ザ・ホンダクラシック初日、午後組がプレイ中です。

石川遼は午前組、イーブンでホールアウト、58位タイと厳しい戦いです。
フロント9はオールパー、バック9が3バーディ3ボギー。
最終18番でバーディで気分よく上がれた!?
ボギーが多いのは石川遼の特性、明日も攻めるのでしょう。

ちなみに、松山秀樹はお休みです。



さて、
先週末、新潟へ行ったとき、蕎麦をいただいたあと、
駅前の酒屋さん(錦屋酒店)で「利き酒」をしたことはすでに紹介済みです。

お酒のリストは、
20170224_03.jpg

で、選んだお酒は、
左から4番目の鶴齢純米生
3番目の〆張鶴純米吟醸原酒
一番左の真野鶴大吟醸無濾過生原酒

これだけで500円

20170224_02.jpg

何れも生原酒系、食後ということもあって、それぞれ微妙に違うものの、味の違いは?
それでもみんなフレッシュで吞み口も良く美味しかったのですが、旨味が一番強い感じがした、
〆張鶴
を帰りに買って帰ろうと思っていました。

しかし、帰りの日曜日、錦屋酒店はお休み、
仕方なく駅中のお土産酒店(Cocolo 朝日山)で物色、
お店の方の一押しが、

20170224_01.jpg
真野鶴大吟醸無濾過生原酒

「それ、昨日味見して美味しかったよ」と言いながらお持ち帰りしてきました。

そして、昨日開けてみました。

落ち着いていただくと美味しさが際立ちました。

洋ナシのような華やかな吟醸香、
含んだ時の辛口ながらの甘さ
嫌味なくスッと切れる後味

買ってよかった一品でした。

スルメイカと日本酒

Category : お酒のこと
いつもの冷たい朝です。

1486508351731.jpg







「するめいか」が取れなくて高騰しています。
生息海域の水温の変化で孵化しなかったり死んでしまったりして個体が極端に減ったのが理由のようです。
秋から冬にかけて、数回刺身から『イカの塩辛』を作るのが習慣だったのですが、今季は作れていません。
スルメイカも高嶺の花とは残念な世の中になったものです。




さて、烏賊に合うのは日本酒、
お好みである、
逸見酒造の『至』を呑みました。

20170208_01.jpg


1月下旬に呑んだ「至」は7号酵母の火入れした原酒、
今回は普通の新潟9号酵母の純米酒。
約一年ぶり位でしょうか?

吟醸香はこちらのほうがやや強い感じです。
飲み口は軽やか、少し辛口でフルーティ、このあたり7号酵母はもう少し旨みがあったか・・・。
かなり「あっさり系」に感じてしまいました。
のどごし、切れもよく、美味しくいただけましたが、もう少し濃厚な味わいがあってもいいかなあ・・・。


自分はどんなお酒が好きなのか?
ちょっと考えてみましたが、答えは見つかりませんでした。
酒の味を云々できるほどの技量でもないし。

まあ、
いろいろなお酒をいただいて、
その時々に、
『美味しく感じる』
それで十分!

それが今時点の結論です。

至・純米原酒・7号酵母 をいただく

Category : お酒のこと

今朝も冷えています。
ウェザーニュースでは最低気温が-6℃、厳しい寒さです。

20170125075908391.jpg




七号酵母について(真澄HPより)

≪前略≫
七号酵母はもともと真澄の酒蔵に住み着いていた「蔵つき酵母」で、
≪中略≫
発見当初の七号酵母は華やかな吟醸香を醸し出す酵母でしたが、長い間に少しずつ性格が変化し、現在では「落ち着いた香りとバランスのとれた味わい」の大人びた酒を醸し出す酵母となっています。
七号酵母は発見から60年以上経た今でも全国60%の酒蔵で活躍しています。
≪後略≫

ということで、いただいたお酒がこれ
来客があったので一升瓶を開けてみました。
20170125_至
至・純米原酒・7号酵母(火入れ)

通常の至は、華やかな香りと吟醸香が高い「九号酵母」なのですが、七号酵母は香りが穏やかで旨み出る「清酒らしいお酒」になるとろのことです。

冷やで戴きました。
香り・・・吟醸香は結構あります
口に含んで・・・旨味よりも辛口強い? 確かに日本酒らしい味わい
喉ごし・・・切れがよくスッキリ

が第一印象でした。
でも、飲み進んで行くうちに「旨味」も確かに。


翌日3合くらい残っていましたので、いただいてみました。
あれ?!
昨日より甘く、旨味が強い?

日本酒、開けて一日でこんなに変わるのか?
改めて感じさせられました。

体調の加減かも! ですが。

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる