ゴルフ的私的空間

スポーツ音痴の中途半端人間、そしてゴルフにはまる! 成長と退化との戦いを綴る

中々良かった練習

今日から冬型が強まり寒くなるようです。
明日からまた『最強寒波』だそうですが、”最強”がどんだけ?!
って感じです。




ウエストマネジメントフェニックスOP最終日、最終組が13番ホール、引き続き状態です。
-16にゲーリーウッドランドとチェズリービー、
-15にリッキーファウラー、ブレンダンスティール、
フィルミケルソンは-13、ちょっと厳しめですね。
ジョンラーム、上手くいかずショートテンパーさく烈、ちょっと気分が悪いです。

応援は
リッキーファウラーでしょうか!?




昨日は所用のついでにいつもと違う練習場に行ってみました。

20180205062015760.jpg


2時間打ち放題で、
1階1500円、2階1400円、3階1300円。
120Yくらいしかないものの、激安です!

先週の練習で前の打席で上級者(プロ?)から指導を受けている方が居て、
その指導内容が気になっていたので試してみました。

要点は、
『軸をずらさず、ダウンで右手右腕を使わず体の回転でスイングする』
『ウェッジでもドライバーでもトップで作ったクラブと手の角度を維持する気持ちでインパクトを迎える』
『右ひじは右わき腹に付けたままインパクトをする気持ちで』
『飛距離が欲しかったら、手を使うのではなく体の回転を速くする』

そんな感じでした。
ドリルとして、
軸をブラさないため、右足かかとをつけたままインパクト~フィニッシュ、
右わきを締めたインパクトのため、インパクト即フィニッシュ(パンチショットか?!)

これを繰り返していました。
スプーンが上手く打てるようになるため、スプーンでもこれを教えていました。

自分も3Wでこれを試してみました。
右足を上げないと上手くいかない。
意識をインパクト即フィニッシュだけに集中して打ってみたら、低い弾道でまっ直ぐ向こうのネットに!
これを繰り返して普通のスイングに戻すといい感じでボールが上がっていく!

調子に乗って地下ドラも試してみました。
最初はダメでしたが、そのうち打てるようになりました。
この練習は結構良さそうです。



【昨日の風景】

ちょっとの所用で、

20180204_02.jpg

別にサンリオピューロランドに行ったわけではないのですが・・・。


所変わって、

林の中を散策

20180204_03.jpg

巨大な椎茸!
直径20cmはあったでしょうか?
腐らせても仕方ないので、お持ち帰り!
肉厚は2cmくらいありました!

20180204_01.jpg

これは・・・、
知らないキノコは手を付けません!


 
  1. 2018/02/05(月) 06:48:27|
  2. 進歩と後退
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日はラウンド中止、それでレンジに!

昨日からの雨が降り続いています。
この季節らしいのでしょうが、肌寒い!



昨日は予報と違って殆ど降らなかったですね。
ところが、ラウンドは早々にキャンセル。
10月はこれで1回だけのラウンドとなってしまいました。

アプローチとか、パッティングとか、忘れそうです。
と言っても、
かえって忘れた方が良いのかも! ですが!

そんなこんなで、コースからの帰路、ちょっと寄り道して大型練習場に寄ってみました。
普段は鳥かごに毛が生えた感じのレンジ、広いレンジは開放感が違いました!

20171028_01.jpg
向こうの土手に300Yの看板、
コースボールで力が入ってしまいました。
SWから1Wまで自分のキャリー、しっかり把握させていただきました。
(残念なお知らせなので、ここでの報告は差し控えさせていただきます。)

このあと、バンカー、アプローチを30分。

20171028_02.jpg
グリーンは時間がなくできませんでした。

20171028_03.jpg
50Yくらいのアプローチ、芝から!っていうより土から!って感じでした。
平らなとこから何回か打つので結果はそれ程悪くなかったです。
本番とのギャップが課題なのですが・・・。

20171028_05.jpg
パッティンググリーンの先はグリーン外5Yからの寄せ練習。
ランニング用のクラブをもっていかなかったので・・・。
酷い結果です。(全部自分が打ったボールです)

20171028_06.jpg
バンカー、濡れて締まって固かった。
これも不思議といい感じでした。
30球くらいで2球カップイン!

このほか、アリソンバンカー(10球で1球しか出なかった)だとか、
砲台のアプローチだとか、設備は凄いものがありました。

もう少しお安ければ何回か通うのですが・・・。

  1. 2017/10/29(日) 07:11:54|
  2. 進歩と後退
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バンカーのホームラン対策(自分的備忘録)


明るい朝になっています。
今日は午後から雨の予報、大型の台風15号の影響でしょうか?
関東直撃はないようですが、雨は・・・。
特に土曜日はコラえてもらいたいのですが!

20170829075027408.jpg



20170829074907880.jpg




さて、
前の日曜日、週一の練習場に出かけました。
最初はいつものようにバンカー。
そしていつものように最初の何発かは『クリーンヒット』のホームラン(ある意味、意味不明!)!!
自分としては、
『どうしてこうなるの?!』
その後もかなりの確率でホームラン!
『ホームラン病ここに極まれり』って感じです。

ショートアプローチのザックリ病対策として、「左一軸でダウンブロー」のドリルを繰返していることの反動か?
9月にもバンカーの効いた名門コースの予定があり、緊急対策の必要があることから、まずは、
 バンカーショットの基本から、
 ホームランを打たないバンカーショット
をNetの世界で漁ってみました。



バンカーショットの基本(これが「まとめ」みたいな感じです)

1.バンカー脱出がよりカンタンなSWのスペックは、ロフト角が56度~58度、バウンス角は12度~14度が「一発脱出」にはもっとも威力を発揮してくれるスペック
2.フェースは開く、バンカーショットのグリップは「開いて」から握る
3.フェースを「開いた」分スタンスも「開く」(オープンスタンス)
4.エクスプロージョンの必須条件である、バウンスから砂に入れるにはハンドレイト(手元よりも前にクラブヘッドがある)に構えなくてはいけない
5.ボールの位置は左足のかかと線上にすることで、トップミスを防いで、より楽にエクスプロージョンが行える
6.ボールの手前一個分にそのままヘッドを「ドンッ」と落としてやるだけ

あと必要なものは「勇気」!ミスを気にせずフェースをぐいっと開いてしっかり振りぬく!


バンカーショットの打ち方
・スイング中、体重移動もしなければ、腕を返す動きも必要ない。体重は左足が6に対し右足が4の割合
・コックを入れやすくするために、少しハンドダウン(グリップを通常より下げて構える)にする
・少しハンドファーストに構えて、そのままクラブヘッドのトー(先)を真上に上げていく。だからトップではグリップは真下を見るようになる
・クラブを降ろして砂にバウンスを当てたら、それでおしまい


エクスプロージョンショットのために
・目玉焼きをイメージし、ボールを黄身として、白身の部分から砂を削り取る
・ボールは左足のかかと線上に置く
(通常のスイングであれば、スイングの最下点は、左わきのあたりになるので、必然的にボールの手前にヘッドを落としてこられる)
・足元を固定して安定させるために、両足を砂に埋め込む
(必然的に足場は、ボールより低い位置でのアドレスになる。その結果、ボールの手前にヘッドを落としてこられる)


バンカーショットはバウンスをボールの手前に叩きつける
・最初から左足の股関節に70%ほどの体重をかけておくと、スイング途中での体重移動も発生せず、また体重が後ろに乗りにくいのですくい打ちを防ぐことができる
・バウンスをボールの手前3〜5cm付近に叩きつけることで砂の爆発が発生し、ボールを上へ浮き上がらせくれる
・重要なのは、思い切りクラブヘッドを抜く


インサイドに引きすぎない
・ホームランはアライメントの問題、インサイドに引き過ぎると軌道がフラットになってトップする
・オープンスタンスにすると、テイクバックのヘッドの引き方が不安定になる
・目標方向に頭の中で線を引き、スタンスは15度オープンにして、それに合わせて肩の方向を平行にし、テイクバックは目標方向の延長後方に上げると普通のあげ方に近く芯を捉えることができる
・ガードバンカーでアゴが低く、上げる必要がない場合には、エクスプロージョンではなく、スクエアに構えてシンプルにハイピッチショットのフォームで球を左に置いて打つと意外に簡単に出る
・どうしても高さが必要な時には①15度ほどオープンスタンス、フェイスを開いて打つか、②30度開いてさらにフェイスを開き、コックを使ったエクスプロージョンで打つと高くあがる。
・エクスプロージョンの場合、球の寸前をバウンスで叩くと、衝撃で砂が爆発したように飛び散り、その砂と一緒に球が弾かれてあがる


自分に合ったボール位置を見つける
・バンカーからホームランのようなミスショットをしてしまう場合の主な原因は、球の位置に問題がある場合がほとんどと言ってもいい
・ホームランを打たないためには、球の位置を極端に右足や左足寄り、またはその中間に置き、無理が無くそして自然に球が脱出できる位置を探し出すことが必要
・自分に合った位置が見つかれば、その位置で毎回ショットできるように体に覚えこませる


ヘッドファーストのアドレス
1.普通にアドレスすると、サンドウェッジはハンドファーストがキツめになる
2.ハンドファーストになっている手を、体の正面に移動させる
3.ヘッドファーストになる分、ボール位置は体の中心よりやや左になる
(ヘッドファーストに構えると、フェースが開いてバウンスが使えるのと同時に、フェースターンがやりやすくなる)
4.ヘッドファーストに構えて、左ひじを抜かずに振る


体の右サイドが突っ込まないように
・右足の外側に体重をかける。右足の内側が浮くような感じで、右膝を外側に出す
・右足の内側を上げることに違和感がある人は、右足のつま先を少し浮かせた状態でスイングする


膝を深く曲げ、スイング中はずっと曲げておく
・通常のショットより膝をしっかり曲げてアドレスすることで、スイング中のクラブの最下点がボールの手前になる
・膝はフィニッシュ時までしっかり踏ん張り、曲げたままにしておくことで、安定度が上がり成功率が高まる


軸をずらさない視線
・トップボールの原因は、ボールにクラブがインパクトするまでの間にスイングの軸が左に流れていることにある
・その軸をずらさないために、インパクトまでは視線をわざと右足の前に固定しておく
・これにより軸ブレを抑える効果と、顎を上げすに引いてショットを打つ事ができるようになり、インパクトまでに軸がブレるのを防止するのに役立つ


ボールの手前にもう一個ボール仮想し目線をキープ
・バンカーでのトップ(ホームラン)のミスは、構えたときの「目線」に原因がある。
・ドライバーやアイアン、アプローチなどの通常のショットは、ボールを直接打つので、ボールを見て構える。しかし、バンカーショットは違う。ボールの手前にクラブヘッドを落とすので、アドレスしたら、その「落とし場所」を見なくてはいけない
・アドレス時に、実際のボールの一個ぶん手前に、仮想のボールを置き、そこに目線を向けショットする
・そして、リズムよくスウィングして、クラブを最後まで振り切る。中途半端なスウィングがいちばんいけない



再度まとめると、
1.オープンフェイス(開いてから握る)、オープンスタンス
2.ボール位置は左かかと線上
3.しっかり足を砂に食い込ませ
4.ヘッドファーストのグリップ位置
5.左股関節に体重を乗せそれをキープする
6.目線はボールの手前にもう一個ボールを仮想し、スイング中キープする
7.少しアップライトにテイクバックし、バウンスでボールの手前をたたく
8.ミスを気にせずしっかり振りぬく!

改めて見直すと、あまり意識していないことが多いこと!
Back to the BASIC !
問題解決の糸口となればいいのですが!


  1. 2017/08/30(水) 07:35:23|
  2. 進歩と後退
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガードバンカーの苦手克服のために

曇った朝です。
昨夜は熱帯夜、でも、
7月のそれとは少し違って幾分過ごしやすかった。
人間、少しは耐性が付くものなのですね!

20170824075320056.jpg



耐性がつかない、いや、成長しないのがマイゴルフ、
特に最近酷いのがガードバンカー!
基本的にはトップ、嫌った下潜りとにっちもさっちも状態です。

昨日、撮り置きのビックスギの番組をチェックしていたら、
『ダウン時のクラブのスピードを均一に!』
って指導していました。
緩んでも打ち急いでもダメ!

最近気にしていなかった!
というか、
ダウンに妙に力が入っていたのを思い出しました。

今週末の練習で試してみます。

本当は試してみてから記事にすれば良いのですか・・・。

  1. 2017/08/24(木) 08:15:43|
  2. 進歩と後退
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焦り!

20170718123418072.jpg




夏風邪をこじらせた影響で3連休の中日(日曜日)は終日、最終日(月曜日)はおおむね横になっていました。

今も駄目ですね!



初日の土曜日はラウンドと思い込んでいたのが、実は一週間後!
このため、
今週末から来週始めにかけてラウンドが集中、しかも、
その初日がこれまでの人生で5本の指に入る名門コース。



相模原ゴルフクラブ 東コース

実は昨年夏も同様の企画があったのですが、前夜から扁桃腺を腫らして40度近く熱を出したため泣く泣くキャンセルしました。

そんなこんなで夏風邪で体を鈍らせたままではいけないと思い、最終日(月曜日)は午後から2時間練習してきました。
気温33℃の中、体調は、喉の「イガイガ」から来る咳は依然続いていましたが、少しずつタンも切れ始めてきました。熱はそれなりにある感じでしたが・・・。


そんな中、まず、
バンカー練習場が空いていたので即練習。
「ボールの手前にキッチリヘッドを落としていこう」と心に刻み第1打、残念ながら見事なホームランでした。
そこで工夫!
ボールの手前にヘッドを落とすのではなく、「ボールとボールの下の砂をえぐり取ってやる!」感覚にチェンジしました。
結果はマズマズ、概ね脱出、ホームランも酷くはなくなりました。
まあ、本番ではどうなるかわかりませんが・・・。

次にウェッジ、これはまあ、大体いつもどおり。
そして、7番アイアン、ちょっと飛距離が厳しい感じで強振ぎみに。
すると引っかけボールのオンパレードに!
引っかけるときはどうしてもインパクト時に右手親指・人差し指に力が入る。
ならば、グリップのセオリー、小指・薬指・中指に力を込めてみる。

おおむね良い感じではないですか!
中部銀次郎の言に、グリッププレッシャーは、
左手:小指(10) 薬指(9) 中指(8) 人先指(7) 親指(6)
右手:小指(5)  薬指(4) 中指(3) 人先指(2) 親指(1)
というのを見つけました。
いままでは全てが「ゆるゆるグリップ」を意識していましたが、スイング中グリッププレッシャーが変わっていた!
『グリッププレッシャーはスイング中変わらない』がセオリー!
基本が重要なこと改めて思い知らされました。


最後にドライバー。
熱にうなされ気味のヘッポコスイングでは、ダフリ・トップ・ヒッカケ・スライスのオンパレード!
どう打っても駄目で史上最低の結果で終えざるを得ませんでした。

収穫もあった練習でしたが、
本番直前がこれではかなり焦ります!

帰ってシャワー浴びて横になって体温測ったら、38.2度!
一気に熱がぶり返してしまいました!
  1. 2017/07/18(火) 12:00:25|
  2. 進歩と後退
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
多摩の地に暮らす

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラウンド (391)
道具のこと (172)
進歩と後退 (149)
ゴルフツアー雑感 (828)
徒然なるまま (533)
GDO移行 その他 (1)
GDO移行 PDCA (2)
プチ登山 (56)
物欲日誌 (22)
書評 (51)
風景 (34)
お酒のこと (20)
BIRD (27)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる