ゴルフ的私的空間

スポーツ音痴の中途半端人間、そしてゴルフにはまる! 成長と退化との戦いを綴る

GEW(ゴルフ用品)サイトから


今日で6月が終わります。
6月は毎日ブログをアップしようとやって来ましたが、どうにか達成しました。

と言っても、見て頂いている方に有用なお話とか、面白いネタなど提供できた訳ではないと思いますが・・・

まあ、私的空間ですのであくまでも自己満足的世界で容赦いただくことになります。


さて、自分が定期的に観測しているサイトにGEW(ゴルフ用品界)があります。
今日はそこの記事と雑感を述べてみたいと思います。

1.2011年メジャーはフジクラが制した
2011年マスターズは、シャール・シュワーツェル、全米オープンはローリー・マキロイが制しましたが、二人のドライバーにはRombax 7V05が刺さっており、フジクラが二連勝した。現在は一般に販売はしておらず、再検討するとか。

日本ではグラファイトデザインが席巻していますが、ヨーロッパではフジクラが頑張っているようです。フジクラはアフターマーケット・シャフトの草分的存在でSPEEDER 757、661、468DGL、801(アイアン用)、ROMBAX 6Z08と今思えば、結構な経験者でした。
日本でも頑張ってもらいたいと思います。

2.アジアンツアーのTV放送網拡大へ
アジアンツアーはブルームバーグテレビ(Bloomberg TV)と提携し、新たな同ツアー番組を制作、放送する計画とのこと。これは、アジアンツアーとIMGメディア社のジョイントベンチャーであるアジアンツアー・メディア社によって締結された。日本ではゴルフチャンネルがすでにアジアンツアーと契約しているとのこと。

ヨーロピアンツアー、US-PGATOURとのタイアップ競技が4試合あり今後益々露出度が上がる⇒スポンサーが付く⇒盛り上がる 図式が見えてきます。
井の中の蛙的な日本ツアーは相対的な地盤沈下が危惧される訳で、ワールドワイドを睨んだ対応が更に求められると思います。

3.リー・ウェストウッドは最高のゴルファーだが、ピンの鋳造クラブを使っている。
トッププレーヤー全員が鍛造のプレード・アイアンを使っているわけではないことを思い出させてくれる記事でした。
ただ、アマチュアの一般ゴルファーのゴルフに対する価値観は、成績だけではなく、道具へのこだわりも含め多様なわけで色々なコンセプトの道具があって良いのでしょう。しかし、用品メーカーや工房などの過激ともいえる発信情報に踊らさせ過ぎのきらいは否定できませんが・・・。

違う記事でスコアを減らす最適な投資方法は、新しいクラブを購入するのではなく、フッティングを完璧に行い、アプローチやパッティングのコーチングを受けることであると出ていました。

当然の記事ではあります。

  1. 2011/06/30(木) 08:50:22|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国人プレーヤーの強さの理由



自分のゴルフは置いといて、




韓国選人手に優勝をさらわれて嘆いてばかりいても仕方がないので、韓国選手はなぜ強いのか?を少し調べてみました。

■結論:強い選手の育成に必要な全ての要素が整っている
 ⇒政府、企業、ゴルフ界、親の支援に加え、選手の強い信念を持って取り組んでいる

・幅広い裾野
  小学校53校、中学校360校、高校323校にゴルフ部
・KGA(韓国ゴルフ連盟)育成選手の徹底訓練
  年間150日の多方面(メンタル、フィジカル、技術・・・)に渡る強化訓練
・国代表としての特典
  国代表等のエリートは大学まで特待生として保障
  国際大会でのメダル獲得者に対する兵役免除措置
  国民の強大な支持
・親の熱意
  子供の成功に全財産をつぎ込むことも厭わない
・本人の熱意(ハングリー精神)
  国家への誇り、世界一への強い信念と努力
  中学生や高校生が一日に寝る間を惜しんで3000球以上のボールを練習場で打っている

このような体制を構築しても、当然そのトップに立つのはほんの数パーセントという厳しさなのでしょう。
風土や思想(考え方)の違いなど、日本が真似てもできる訳ではなさそうです。

結局、世界のプロゴルフ界は韓国パワーが席巻するのでしょうか?

ある意味、恐ろしい・・・。

アマチュアの世界であればまだしも、プロゴルフ・ツアーとしてのビジネスサイドの視点からすると極めて危ういと思うのですが・・・。

  1. 2011/06/29(水) 09:00:59|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何か良いとこを探したいのですが


ショボーン
ショボーン


なラウンド結果でした。
何か良いところを一生懸命探そうとしたのですが、思い出せません。
雨のせいにしたいのですが、豪雨って訳でもなかったし・・・。


それでもゴルフ、楽しい?????
しばらくは距離が開きそうです。





















2011年No.17
■Date:06/27
■Course:桜ヶ丘カントリークラブ
■Weather:雨、微風
■Result:Score=105(+33)  Putts=37
Front9Score■ - +3■ △ △+3 +3 △52(+16)
Putts3  2  22  1  22  2  2  18
Back9Score△ +5 ■△ △ ■- △ +353(+17)
Putts2  2  22  2  22  3  2  19

■Stats: Per On:3  Fair Way Keep:6  OB:2  Penalty:0
■Comments:
 ドライバー二本で取っ替え引っ替えは球筋が安定せず失敗でした。
 アプローチ、なんでこんなボールが出るのか信じられません。
 チョキグリップ、当日のアプローチ練習場ではほぼ完璧でした。でも、本番は×。
 パー3、3ホールでトリ、トリ、+5の+11ってアプローチの死亡が原因でした。
 毎ホール、毎ホール待たされ悲しかったです。

 キャディーさん、同伴の仲間、残念な人との一日、済まんかったです。
 
 しばらく反省しています。

 コンペ、飛び賞も貰えませんでした。
  1. 2011/06/28(火) 08:38:37|
  2. ラウンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツイスト打法採用のプロゴルファー


ミズノオープンは19歳のハン・ジュンゴンが伸び伸びプレイで優勝しました。
謙虚な感じの性格は好感を持ちました。
プレイが遅いと何回か前のTV放送でレポートがあったのですが、どうだったのでしょうか?
最終組はTVで見る限り重い空気が漂っていました。
石川遼のトリプル、ベ・サンムンの優勝逃がしはゴルフの神様が与えた試練なのでしょうか?


US-PGATOURトラベラーズ選手権はヤコブソンが逃げ切りました。
三十何年か前の72ホールボギー以上なしの記録は残念ながら達成できませんでした。
19歳UCLA 1年生のパトリック・キャントレイは11アンダー、24位タイで終わりました。
次の試合も出るそうですので良い結果を出して貰いたいと思います。


US-LPGAチャンピオンシップはまだ終了していませんが、ヤニ・ツェンがぶちぎっていますので、
優勝は決定的のようです。


さて、今日の発見ですが、
ローリー・マキロイはツイスト打法を取り入れているということです。
YAHOO!スポーツのブログ記事にあったものですが・・・。
どの選手もインパクトの前後は腰の回転が止まって、その後フィニュッシュに向けてまた回転するのですが、マキロイは逆回転しています。

http://www.youtube.com/watch?v=WC0EHipdAtY

プロ野球では話題になっているようです。
マキロイのパワーと安定性の理由なのでしょうか?

GDOのスイング分析を見ただけなのですが、そのほかの選手として、
リッキー・ヒロシ・ファウラー、森田理香子がそうでした。

だからといって、自分ができる訳ではなのですが・・・。


  1. 2011/06/27(月) 07:38:18|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JGTOは大丈夫だろうか

■ミズノオープン3日目

 順位 選手名    通算 合計
 1 キム・キョンテ  -10 206
 1 B.サンムン    -10 206
 3 石川遼       -8 208
 3 チョ・ミンギュ   -8 208
 5 黄重坤       -7 209
 6 ポール・シーハン -6 210
 6 藤田寛之      -6 210
 8 B.ケネディ     -5 211
 8 P.マークセン   -5 211
 8 宮瀬博文      -5 211


■4日目TV放送前

 P  Score Player   Today Hole  1  2  3  4  Total
 1  -12  黄 重坤    -5  13  74 67 68 - 209
    -12  金 庚泰    -2  12  70 68 68 - 206
    -12  裵 相文    -2  12  70 69 67 - 206
 4   -9  石川 遼    -1  12  67 75 66 - 208
 5   -8  B・ケネディ   -3  15  67 71 73 - 211
     -8  P・マークセン -3  15  66 72 73 - 211
     -8  平塚 哲二   -3  14  69 72 70 - 211


韓国の選手は強いです。
そのことは悪いことではありません。

それよりも、日本の選手、大丈夫でしょうか?
石川遼しかいないのでしょうか?
その石川遼も12番でトリプル?

池田勇太、園田俊輔は?
石川遼、スポンサーを説得し早めにUS-PGATOURへ行ったほうが良い気がします。


TV中継、一応見ますが・・・。
3名の韓国選手の熱いバトルを期待して。

  1. 2011/06/26(日) 15:00:19|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新(ダブル)ペリアで勝つ方法の考察

トラベラーズ選手権2日目、UCLA 1年生、19歳アマチュアのパトリック・カンタレイがTODAY-10、通算13アンダーで4打差首位です。

パトリックカンタレイ


先週のUS-OPENでも21位タイでローアマを獲得しました。
マスクも甘くニューヒーロー登場の予感です。



さて、
明後日27日(月)は誘われて多摩市のチャリティゴルフ大会に参加します。

場所は名門桜ヶ丘カントリークラブです。

桜ヶ丘cc
去年の写真


昨年は新ペリアのハンディが上手くいき、120名中一桁の成績でした。

今年も3組の知り合いがいるのですが、グループのボスの命により今回もこの3組でチョコの争奪戦をやるようです。
前回はパーティ単位をチームとして新ペリでのトータルスコアで優勝チームの総取りだったのですが、今回は一番成績の良い人の総取りとのことでした。
前回このルールでしたら自分の勝利だったのですが、二年連続は確率的には厳しそうです。


そこで、新ペリで勝つ方法がないかちょっと調べてみたのですが、あまり有効な方策はなさそうです。

まず、新ペリのハンディ算出方法ですが、12ホールをハンデホールとして、そのオーバー数を1.5倍します。
すなわち、ハンデホールが分かればそこを重点的に叩けばいいのですが、事務局(ゴルフコース)が教えてくれるはずもなく、結局は「運次第」ということになってしまいます。

ただ、ハーフ(9ホール)でPer3×1、Per5×1、Per4×4を選定する。という未確認情報が存在しました。Per3とPer5はしっかりスコアを纏めて、Per4は叩くということになりますが、自分にそれほどの技量と意思があるはずもなく結局は運任せにするしかないわけです。
あと、残っている方法はカットになる+3より多く叩かない、+36より多く叩かないことでしょうか。

一生懸命考えた割にいい答えが出なかったわけです。

ならば、精一杯ベストのラウンドを求めてプレイしたいと思います。



  1. 2011/06/25(土) 07:49:46|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

US-PGATOURはトラベラーズ選手権が始まりました


初日、サスペンデットになったようですが、クロスハンドグリップでアプローチするクリス・カウチが上位に来ています。
3日目、4日目に上位でプレーしてもらいじっくり観察したいのですがどうなることでしょうか?

さて、昨年の覇者ババ・ワトソンですが、タイガー・ウッズのコーチ、ショーン・フォーリーに「タイガーは誤った道を進んでいる」といったとか。
ショーン・フォーリーはスタック・アンド・チルト(左に軸をキープするスイングスタイル)系のコーチのようですが、ショーン・オフェアが離脱、アンディ・プラマー&マイク・ベネット系(本家スタック・アンド・チルト)ではアーロン・バデリー、マイク・ウィアが離脱、残るはチャーリー・ウィーのみのようです。
スタック・アンド・チルトおよびタイガー・ウッズの将来が気になるところです。

ババ・ワトソンはスイングコーチやメンタルコーチをつけず、誰に縛られることなく感性でゴルフをしていると聞きます。(フィジカルトレーニングコーチは居るようですが)
相当、人に指示されて動くのが嫌いな人のようです。
結果が出ているのでこれはこれで本人に合っているのでしょう。

一流選手の場合、PGATOURはマネジメント会社がガチガチに選手を縛りトータルでパフォーマンスを上げていくのが通例かと思っていましたが、ババ・ワトソンのように自由奔放なプレイヤーの存在はなんだかうれしい気にさせて貰えます。
  1. 2011/06/24(金) 07:19:05|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラブ セッティングの悩み

「暑いですね!」

がブログの先頭を飾る時節がやってきました。
東京電力の使用電力量が限度の4000万KWを超えたようです。
昨夜は寝苦しく、熟睡できませんでした。


さて、現在のクラブセッティングを晒します。

              ロフト  長さ  ライ角  総重量    シャフト     バランス  距離
1W  (AF-101)    10.5  46.00  60.0  305.0  ATTAS T2 5(S)    D5.4  225
1W  (AF-152)     9.5  45.25  60.0  313.5  MY ATTAS G1 6(SR) D2.5  240

3W  (AF-202)     15  42.75  58.0  329.1  CR. BLK 80FW(6.4)  D1.5  215
5W  (AF-201)     18  42.00  58.5  332.0  ROMBAX 6Z08(R)   D1.2  200
7W  (AF-201)     20  41.50  59.5  334.6  ROMBAX 6Z08(R)   D1.2  190
9W  (AF-201)     22  41.00  59.5  338.0  ROMBAX 6Z08(R)   D1.2  180
U4 (cvXerU23)    23  39.00  61.0  362.0  Original (SR)      D0.0  180

5I  (AF-701)     24  37.75  61.0  380.0  Mach Line 701(R)    D1.2  170
6I  (AF-701)     27  37.25  61.5  385.0  Mach Line 701(R)    D1.2  160
7I  (AF-701)     31  36.75  62.0  391.0  Mach Line 701(R)    D1.2  150
8I  (AF-701)     35  36.25  62.5  397.0  Mach Line 701(R)    D1.2  140
9I  (AF-701)     40  35.75  63.0  403.0  Mach Line 701(R)    D1.2  128
PW  (AF-701)    45  35.25  63.5  411.0  Mach Line 701(R)   D1.2  ~115
AW (MT-28 JSⅡ) 50  35.25  63.0  444.0  NS-950GH(Wedge)   D1.0  ~95
SW (RC DB/WS) 56  35.00  63.5  449.0  NS-950GH(S)       D2.5  ~75
PT (T.L. HT1MB)  3  33.50  73.0  570.0  Original           D2.0
※距離:狙う際の標準想定値

■1Wは現在どちらを採用するか、チューニングするか試行錯誤中です。
■9Wと4Uについては、ライの悪さに比較的強い4Uがレギュラーの座を
 得ています。
■5W~4Uまでこんなに距離を並べる必要はないとも考えていますが、
 何をどうしようか悩ましいところです。(新機種導入はちょっと・・・)
■長いところが削れれば、短いところを充実させることもできるのですが・・・。
 (48°、52°、58°は一応持っていますが、52°、58°はやや重なので)

こんなところが今のセッティングの悩みどころです。


  1. 2011/06/23(木) 08:18:13|
  2. 道具のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロスハンドグリップのアプローチ

クリス・カウチ

80ヤード以内はバンカーもクロスハンドグリップ。
US-PGATOUR 2006年「チューリッヒクラシック」で優勝。

カウチ
ゴルフダイジェストオンラインから


試してみる価値、大いにありだと思います。
自分的には。
ただ、まず、ちゃんとあたるようになること⇒距離感あわせ の取り組みが不可欠。

少し練習したけど、
本番、グリーンオンしたらOKの気分で行ってみます。



  1. 2011/06/22(水) 08:18:52|
  2. 進歩と後退
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世代交代



ローリー・マキロイか
ローリー・マッキャロイか
ローリー・マキュロイか

どうやら、ローリー・マキロイなのでしょう。


さて、最新のワールドランキングですが、トップ3は変わらず、

ローリー・マキロイが4位、ジェイソン・デイが9位にアップしました。

タイガー・ウッズは17位ですので、もうタイガーの時代は終わった感じです。



あの当時、どうしたらタイガーが負けるかが疑問だった位強かったのが懐かしい。



石川遼は53位でした。


  1. 2011/06/21(火) 08:41:01|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
多摩の地に暮らす

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラウンド (373)
道具のこと (170)
進歩と後退 (147)
ゴルフツアー雑感 (804)
徒然なるまま (506)
GDO移行 その他 (1)
GDO移行 PDCA (2)
プチ登山 (56)
物欲日誌 (21)
書評 (51)
風景 (28)
お酒のこと (18)
BIRD (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる