ちょこっとラウンドの総括

Category : 進歩と後退


ファーマーズインシュランスオープンはカイル・スタンリーが最終ホールまさかの池ポチャでトリプル、スネデカーと並び、プレイオフで初優勝を逃しました。

最終ホールを残して3打差、ピンは池越えで池からすぐ、
3打目はピン奥15ヤード狙い、結果、バックスピンでピ7ヤード戻す、
最悪3パットボギーでも2打差の優勝、

こんな計算をすればよさそうなのですが、
なまじっか調子がいいが故にピン奥5ヤード位を狙ったのでしょうか?

まったく、勝負の世界は何が起きるかまったく分かりません。
カイル・スタンリー、昨日の夜は寝られたのでしょうか?

良い経験にするのか、トラウマとなって引きずるのか心配ではあります。




さて、先週のラウンドの総括です。

冷たい風、凍ったグリーンの影響はあったのですが、それにしてもショットの精度が悪すぎです。
全体的に悪いのですが、依然アプローチが悲しい状況です。

今回、ショットに66ストローク費やしました。
この内、30ヤード以内のアプローチがバンカーを含め14ホールで24ストロークでした。
ガードバンカーに入れた回数が3ホールありましたが、たとえば、バンカーは出すだけと考えて2ストローク消費、後2ホールが2ストロークかかるとすれば、19ストローク位が基準になると考えます。
この基準と実際との比較では5ストローク無駄遣いしています。
これくらいはどうにかなる、いや、どうにかしなければなりません。


次に悲しかったのが飛距離です。
明らかに昨年の夏より1番手飛んでいません。
これは寒さのせいなのか、体力の劣化なのか今の状況では何とも言えません。
道具に頼らず体で飛距離アップ(維持?)を考える必要があります。


そして、最後にクラブセッティングです。
今回、使わなかったクラブが5W、Wedgeの52°の2本です。
そして欲しいなあと思ったクラブがユーティリティの24~25°、これが3回くらい欲しいと思いました。
24°を復活させると、短い方をPW(45°)、AW(50°)、SW(56°)とするか、また、5Wを外すか悩ましいとことです。


ヘタレの割には、否、ヘタレ故色々考えてしまうのでした。

アブダビHSBC、ファーマーズインシュランスOP

Category : ゴルフツアー雑感
ヨーロピアンツアー、アブダビHSBCゴルフ選手権はイケメンで大人気のロバートロックが粘り勝ちでした。

注目のタイガーは3位、「完全」はどうかですが、「復活」確定のようです。
ただ、以前の「出たら優勝」オーラは戻ってこないのではないでしょうか? なんとなくですが・・・。

マキロイも調子いいみたいです。
マスターズまでこのままで活躍をしてもらいたいと思います。



US-Pgatourはファーマーズインシュランスオープン、現在進行中ですが、昨日抜け出したカイル・スタンリーの勢いが続いています。

現在スネデカーに迫られ、3打差とやや微妙な要素も出てきました。
初優勝のプレッシャーって奴がこれからやってくるのでしょうか?


石川遼、TODAYイーブン、-9で現在11位タイです。
バック9で伸ばせず残念でしたが、厳しいフィールドで善戦しました。
本人のインタビューにもあったのですが、「気負い」がない感じで戦っていました。

ただ、最終ホールはバーディ取っとくべきでした。
結局、13位タイで9人も並んだのですから。

次はノーザントラストオープンです。
ちょっと楽しみが出てきました。


ベ・サンムン、TODAY+4、TOTAL-8になっています。
3日までは強かったのに・・・。
と言っていたら、最終的に-6、6オーバーって…。

寒い1日でした

Category : 徒然なるまま
風の強い日曜日、
スクール、行きましたが、パッとせず終わってしまいました。


ファーマーズ、石川遼、頑張っています。
でも、ベ・サンムン、もっと先いってますが・・・。

中東ではタイガー勝ちそうです。




今日は家では犬中心。

寒くても暑くても犬は散歩を求めます。




で、近所の公園へ、






















昨日、

洗って、

ドライヤーして、

ブラッシングして


トータル二時間半、



嫌がっているのですが、

こっちも面倒くさいですが、

お互いの了解事項になっています。




風の強い一日、防寒しっかりしていると、気持ちいい・・・





そんな一日でした。







石川遼、明日、最高のプレイを・・・期待したい






が・・・・


甘くないか・・・なあ・・・


昨日はラウンドでしたが…

Category : ラウンド
20日ぶりのラウンド、
いつものヘタレゴルフしてきましたとさ。



乗合の都合で保土ヶ谷バイパス、横浜経由でアクアラインでした。



横浜ベイブリッジからランドマークタワー、その後ろに富士山を望めました。



千葉といえども、夷隅郡、朝の気温は-4度C、真っ白な世界が広がっていました。
と言っても、それは霜で、雪は北側斜面に少し残っていただけでした。

山梨、上野原あたりでは来週一杯は最低限クローズどのこと、やはり「千葉」の威力は大きいです。


千葉夷隅は今回で三回目、そろそろグッドスコアが欲しかったのですが、そんなに甘くはなかったです。



千葉夷隅ゴルフクラブ 東コース No.1 9時ごろ
白いのはほとんどが霜です。グリーンは完璧な凍結でした。

コースは整備も良く、広々感はありますが、どこへ打ってもOK的ではなく曲げると厳しい状況が訪れます。
グリーンはスティンプで9.3フィート、滑らかで思ったより早めに感じました。
今回、パーティに地主さんがいました。芝目はほとんどなく「傾斜」とのことでしたが、その傾斜を読みきれませんでした。


諸般の事情もあり、
前回同様、ホールごとの記録はできませんでした。



大たたきホールの記憶を辿ります。(たくさんあります)

◇東No.1 349Y Par4
①1WはナイスドローでFW、中央打ち下ろしでかなり行った
②残55Y、霜の上、SWはソールが滑って30Yしか行かず
③Gまで10Y、ピンまで25Y、気を取り直したSWはトップ、Gオーバー
④Gまで3y、ピンまで20Y、PWの転がしは強すぎ、Gオーバー
⑤Gまで1Y、ピンまで12Y、ムキになってPWのランニング、ピン横1Y
⑥鉄パット入れてダボ

◇東No.3 166Y Par3
①5IはG右に外す
②Gまで3Y、ピンまで18Y、SWはザックリ、飛距離2Y!
③パターで臨むが3Yオーバー
④決められず2パットダボ

◇東No.4 362Y Par4
①1Wはヒッカケ、左ラフ
②Gまで150Yも木でスタイミー、5Iで低い玉、ちゃんと行ったがG手前バンカー
③大きなバンカーのバンカー手前側から、思い切り打ったが土手にはねられ戻り、又バンカー!
④今度はGオン、ピン手前5Y
⑤⑥2パットダボ

◇東No.5 377Y Par4
①打ち上げの1Wはプッシュ気味、右FWバンカー
②Gまで打ち上げの160Y、ライ悪いも3Uでチャレンジ、やっぱり失敗、50Y先に行っただけ
③Gまで110Y、9Iはヒッカケ、G左横
④Gまで3Y、ピンまで18Y、SWは6Yショート
⑤⑥2パットダボ

◇東No.6 175Y Par3
①5Iはチョイ噛み、左手前BK
②SWはホームラン! 奥の崖、ギリギリセーフ
③距離やハザードも調べず焦って打ち上げた。ショートG奥のバンカー
④SWは出ただけ、フリンジ
⑤ピンまで15Yくらい(たぶん)、パターでの我忘れ寄せは5Yオーバー
⑥⑦2パットの+4




◆南No.1 542Y Par5
①1Wは右プッシュ! 猿の群れに打ち込みOB!
②③1Wの打ち直しはも右ラフ
④木がスタイミー、4Uでスライス狙いも意識し過ぎでチョロ!
⑤やっとFW、3WはFW左
⑥ピンまで65Y、SWはピン横3Y
⑦1パットのダボ

◆南No.8 393Y Par4
①1Wはヒッカケ、左ラフ
②Gまでいっぱい、前に木、3Wで右からフック、思い通り! FW中央
③Gまで95Y、AWは下をくぐり気味、手前花道
④Gまで10y、ピンまで20Y、SWはピン手前2Y
⑤⑥決められず2パットのダボ

◆南No.9 497Y Par5
①1Wはヒッカケ、左ラフ、ライ最悪
②前上がりで木がスタイミー、4Uで大きくフック狙いも思い通り! FW中央
③Gまで池ごえ150Y、左足下がり、5Iでギャンブル、ダフリ、ボールは池に呼ばれた
④Gまで90yにドロップ、AWはピン横7Y
⑤⑥⑦狙いすぎ、1Yオーバー、返しを入れられず3パットのトリ






ワルかコツばっかじゃあ悲しいので、ばーでーのやつを

◆南No.4 150Y Par3
①6Iはダフリ気味、ショートだろうと思って行ったらピンを8Yオーバー、なんてこったあ!
②下りフックラインをど真ん中、見事 金!

◆南No.7 342Y Par4 打ち下ろし
①1Wはちょっと右、行ってみると右がすぐOB、やっちゃたか! でも先にあった!
②バンカーごえ、Gまで25y、ピンまで40Y、SWは低く出てピン手前7Y位に落ち、ピンに当たり止まる。
③ピンまで15cm、OKばーでー!




2012年No.3
■Date:01/27
■Course:千葉夷隅ゴルフクラブ
■Weather:晴れ時々曇り、中風
■Result:Score=96(+24)  Putts=30
Front9Score■ △ ■■ ■ +4△ △ △52(+16)
Putts1  1  2
2  2  22  2  2  16
Back9Score■ △ △〇 ― 〇△ ■ +344(+8)
Putts1  2  21  1  11  2  3  14

■Stats: Per On:2  Fair Way Keep:6  OB:1  Penalty:1
■使用ボール:Srixon Z-Star
■Comments:
出だしでつまづき、上がりでこけた、締まらないラウンドでした。
午前中は凍結状態でしたが、きちんとグリーンオンすることも少なく影響はあまりなかったとも言えますが・・・。
今回、スイングもまずかったのですが、一番は耳と耳の間が一番ダメでした。
もう少し冷静に状況をつかみ、対応すれば結果も違ったように思います。

ドライバーはプッシュ、ヒッカケ何でも来い的でした。
3Wはほぼマズマズ、ユーティリティもまあまあって感じでした。
軸をブラさないぞ!と心に言い聞かせ臨んだ結果でしょうか?

アイアンはきちんとしたコンタクト感はあたのですが、ちょっとプッシュ気味でした。

やはり今回も課題はアプローチでした。
右手首ロック、ショルダーターンは意識したつもりですが、意識と神経は別の行動を取ってしまいます。
今回、PWでランニングをしたのですが、最初のうちはグリーンの凍結で話になりませんでした。
後半、結構いい感じにはなりましたが・・・。

ラウンドに望むと課題ばっか出てきて嫌になっちゃいますが、なかなか懲りません。



アブダビ対ファーマーズ

Category : ゴルフツアー雑感

今週、Pgatourはファーマーズ・インシュランスオープン、European tourはアブダビ・HSBCチャンピオンシップが開催され ます。

アブダビの参加選手は、
D.クラーク、P.ハリントン、L.ドナルド、M.カイマー、L.ウェストウッド、C.モンゴメリー、C.シュワルツェル、R.マキロ イ、G.マクドウェル、A.キロス、F.モリナリ、E.モリナリ、T.ルイス、S.ガルシア、M.マナッセロ、J.デイ、T.ウッズ、チェ・ キョンジュ、W.リャン
とかなり豪華な顔ぶれです。

一方、ファーマーズ・インシュランスオープンは石川遼が参戦するものの、基本はツアーメンバーですので、タイガーやJ.デ イ、韓国勢の一部が抜けた形となります。

ワールドランキングの基礎ポイント(ミニマムポイント)は同じですが、上位選手(1,2,3,4,8,10位)が結集したアブダビのほうが明らかに付与ポイントが高くなります。
ワールドランキング、ヨーロッパ勢の上位独占状態ですので、European tourはポイント的には好循環が続きます。

ただ、European tourと言いながら、初戦から3戦まで南アフリカ、次の3戦は中東、その次がインド、そしてWGC(USA)へと続きますので、World tourといった趣です。
賞金総額ではアブダビが270万ドル、ファーマーズが600万ドルと大きな格差があるのですが、それだけではないということでしょう。



石川遼、3月末までにワールドランキング50位以内を目指す戦いが始まっていますが、かなり厳しいと予想せざるを得ません。
トップ10を2回くらいほしいところですが、ソニーオープンでのドライバーの曲がり具合では難しいのではないでしょうか?
本人の弁はあくまでも前向きですし、必死に練習していることも伝ってきていますが、それでも簡単には乗り越えられない厳しいフィールドです。

とはいえ、テニスの世界で錦織旋風が吹き荒れているがごとく、世界の舞台で石川旋風が吹き荒れてくれることを切に望みたいと思います。



 

イヤフォン、購入しました

Category : 物欲日誌
今朝の気温はー2.5度、
昨日の日差しで雪はかなりとけましたが、それでも路面は多くが凍結、車の運転には気をつかいました。


天気はいいです。



さて、
イヤフォン物欲日誌の続きになります。


熟慮の上、単なる弾みでの結果、購入したのは、 Ultimate Ears TripleFi 10 PRO Noise Isolating Earphones という、通称「10Pro」というUSA製のイヤフォンです。

20120125_10Pro_1.jpg


発売は2007年と古いですが、正規品販売のロジクールでは今でも4万円弱します。
しかし、並行輸入ですと2万円弱です。

イヤフォンがらみでは定評のある価格.comの口コミで、メンテナンスのリスクはあ るものの、USのアマゾンが日本へも発送を開始しており、安く入手が可能と情報を仕入れ、初個人輸入に挑戦して見まし た。
ユーザー登録、クレジットカード登録の必要があるのですが、日本アマゾンとさほど変わらず、親切なサイトも多くあり、簡 単に購入手続きができました。
価格ですが、約164ドル強、送料が10ドル弱、通関費用が9ドル弱、合計183ドル弱、1.4万強でした。
並行輸入の最安値が1.7万円(US発送)ですのでさほど変わらないといえばそうなのですが・・・。

注文から一週間で到着、世界は本当に狭くなりました。

ところで、 USアマゾンからリコメンドメールが来て、みてみると、8ドルも値段が下がっていました。
ある程度高値づかみは分かっていたのですが、一週間でこれはいささかショックでした。


サイトで仕入れた、
ケーブルを左右アベコベにして、右用を左耳に刺したいわゆる「SHUR挿し」でしっかり固定が出来まし た。また、これによりケーブルのタッチノイズも気にならなくなりました。

20120125_10Pro_2.jpg



それで、肝心の音ですが、感動的に良い音という感じはしませんでした。

XPERIA付属のカナルタイプとの比較では、付属品は元気がよくドンシャリでボーカルもそれなりのバランスで聞こえるのです が、楽器やボーカルが奏でる音の美しさはなく、音の広がりも良くありません。これとの違いは明確で鮮明度、広がりは別格です。

ヘッドフォン(DENON AH-P372)との聞き比べでは、安いながらもヘッドフォンのほうが低域の伸びやボーカルの メリハリもあり全域にわたってバランスの良い感じを受けました。
ヘッドフォンが得意とする音場の広さも感じ取れました。

10Pro、低域は「伸びやか」ではなく、「締まった」感じですし、高域もガンガン出ている訳ではないです。(老化 の始まっている耳で言うのも何ですが・・・)
それに、よく言われているボーカル、特に女性ボーカルが前に出てこない、声の艶もやや乏しい。
これは聞き比べる と瞭然です。 ただ、音の繊細さや分解性能では明らかに10Proが勝っている感じでした。
元気さはともかく全体の音のクオリティ は高い印象を受けました。

ヘタレ耳ですが、聞き比べればその違いははっきり分かります。



さて、 音を良くするには、ここから次の工程が待ち受けています。

まずはエージング。
年をとらせて本来の性能を引き出す作業です。
本格的にはピンクノイズを鳴らせるのがいいと聞きます。
また、色々な音楽を鳴らす、自分の好きな音楽を専門的に鳴らし得意にさせる、普通に音楽を聴く、やり方は色々のようです。
200時間も経つと、初期のこもった感じの音がクリアな音に変わっていくそうです。

聞き比べればその違いは分かりるものの、現状の10Proでもズーっと使っていれば十分満足な感じです。

半年もしたら聞き比べでもしてみます。


そして、更なる「ヘッドフォンニスト」への道がリケーブルです。
ケーブルの線材やコネクターの品質、細かいことを言えばケーブルとコネクターを接続するハンダの素材によって音質が変わ ると言われています。
銀系は繊細で高域の伸び、高純度の銅は力強い中低音などといわれています。
明らかにケーブルを交換することによって音質が変わるという人、ブラシーボ効果で思い込みであるという人、さまざまです が・・・。

定評のあるケーブルといえば、USのNull AudioのLUNEというケーブルです。
メーカー直販しかないようです。
日本からも購入が可能とのことで覗いてみたのですが、140ドルでした。
さすがにイヤフォンとほとんど同じ金額は・・・!
どんな感じか試して見たい気もなくはないのですが・・・。


ただ、 音を追求するのであれば、プレーヤーやヘッドフォン用のアンプ、それにもまして音源の質(MP3なんて論外)の追求が 正道で、そこには底なしの世界が待っています。


自分的には、
なにせヘタレ耳、XPERIAでそこそこ良い音の音楽が聴ければ満足なんで、この辺で十分、打ち止めと思ってい ます。


 

路面凍結、でも

Category : 徒然なるまま
今日はやはり雪の話でしょう。

昨日20時 頃から雨が雪に変わって3、4時間の間に一気に降りました。
朝は凍結が予想されていましたが、その通りでした。




一面の銀世界、気温はー3度、快晴無風で寒さはそれほどでも。
公的交通機関で通勤しようと思ったのですが、チャレンジしてしまいました。
スタットレスタイヤじゃあないので、いつもの峠ごえは辞め、比較的平坦な道路に迂回しながら無事到着です。
スリップゼロ、平均速度20~30km/hなら夏タイヤ(トーヨーT1R)でもどうにかなりました。

あまり何度もやりたくはないですが…。



ところで、あの大平洋クラブが民事再生法申請です。
アコーディアの支援で再生に取り組むとか、御殿場でのVISA大平洋マスターズは継承のようです。

一流のコースを擁していましたので会員権も高額だったのでしょう。
一般には預託金放棄、なにがしかの追加預託金で会員継続でしょうが、どうなるのでしょう?

超庶民の自分にはまったく関係のない話ではありますが…。
去年、大平洋クラブ&アソシエイツ江南コースでプレイさせてもらいました。
いいコースでしたが、今後どうなってしまうのでしょうか?



 

9月入学、秋春制を思う

Category : 徒然なるまま
米国、ヨーロッパのゴルフツアーが本格化しています。

米国のフュマナチャレンジではマークウイルソンが行くのかと思いましたが、伸び悩み、ジョンマリンジャーと飛ばし屋ロ バートギャリガスを含めた混戦になってきています。
東海岸ということと、サスベンデットの残り消化で遅れているためTV観戦は出来ませんが、白熱した展開のようです。


方や日本、季節は真冬、4月まであと2ヶ月強待つことになります。
関東地方も先週末2日間雪を含んだお湿りがありました。
予報では今日も雪とか、冬タイヤを持たない身では気が気ではありません。


東京大学が9月入学の検討に入るとか、4月から9月の間に色々な見聞をして視野を広げるチャンスとか外野も賛成派が多いよ うです。
確かにそういう余裕のある方々はいいかもしれませんが、就職は1年遅れる(通年採用の会社もありますが・・・)訳でこの 影響は小さくないように思います。
どうせやるのであれば、学校を含めた公的機関全体の事業年度を9月からにするとか根本的な対応が必要と思うのですが。
ただ単に留学生を増やしたいなどといった短絡的な発想ではいけないと思うのですが・・・。



Jリーグについても現在の春秋制から秋春制への移行を主張している方々がいます。
国際試合とのかみ合わせをよくする、ワールドワイドの移籍を簡単にするなどが主張の理由のようです。
雪の降らない地方からすれば世界標準となることは大きなメリットがあることと思います。

しかし、北陸、東北、北海道、とりわけ雪の多い地方から見たらとんでもない話だと思います。
いくらJリーグで支援するとは言え、極論を言えばこれらの所を「切り捨てる」覚悟で進める位の覚悟がいる話だと思いま す。
極端な話、屋根つき競技場と練習場をJリーグが用意したとしても、そこへ足を運ぶ観客がどれほど居るのでしょうか?
雪の多い都市ではこの季節、ことレジャーに関しては極端に人の動きそのものが停滞するのではないでしょうか?

そう考えると、何のためのJリーグか?
などと考えてしまうのですが・・・。



 

ショートウッドよ、さようなら!

Category : 徒然なるまま

今朝のPgatour、強風でサスベンドになりました。
グリーンでボールが止まらない、ボードが剥がれて飛んでいくなどとんでもない強風のようです。


ということで、TVは全国駅伝の男子競技が始まりました。

駅伝、なんとなく見てしまいます。

栃木の2連覇の可能性が高いようです。
優勝争いができる都道府県民にとっては力が入るのでしょう。
自分の所は・・・まるで期待薄です。



恒例のスクール、今日は手をこねてしまいヒッカケのオンパレードでした。
今週末ラウンドがあるのでけっこうあせりました。
試行錯誤の末、体の回転と腕をシンクロさせてどうにかまっすぐ行くようになりました。
この感覚が週末まで持つか、いささか不安ですが・・・。



道具のことですが、ショートウッドの7Wと9W、嫁いで行きました。
EPON AF-201、シャフトはランバックス6Z08です。
2009年11月に5Wと共に嫁いできたのですが、それぞれ別々になってしまいました。

使いづらい訳ではなかったのですが、ユーティリティに正妻の座を奪われ、ならば可愛がってもらえる人に使ってもらおうと考えました。

それにしても、2年前以上前に購入した時の8割程度で引き取ってもらえました。
さすがにEPONって感じです。


一時期パターを除きALL EPONだったのですが、段々比率が落ちていきます。
EPONのユーティリティ、欲しいのですが、目ん玉飛び出ちゃいます。
当面、無理です。


幸せな次の人生(!)を送って欲しいと思います。


Pgatour第3戦、フュマナチャレンジ始まりました

Category : ゴルフツアー雑感
本当に久ぶりのお湿りです。
芝生のところは雪がうっすら積もっています。
多摩地区、山梨方面のゴルフ場は今週末軒並みアウトではないでしょうか?
自分的にはラウンド予定もなく気をもむこともないのですが…。



Pgatour第3戦、
去年まではボブホープ・クラシックだったんですが、今年から変更です。
プロアマ大会ということで、コースのラキンタ、かなり優しいセッティングのようです。

初日トップはカミノ・ビジェガスとデイビッド・トムスが-9と大きく伸ばしています。
カミノ、それでも惜しいのを外しての-9のようです。

ですから、アンダーの選手が鈴なりの中、フィル・ミケルソン、+2と不甲斐ない結果です。
前半は良かったようなのですが、後半大崩れ、明日T131位からどれだけ巻き返せるかという興味を作ってくれました。

そんな中でベ・サンムンが-8と戦線に加わっています。
ソニーオープンでもそこそこでしたので、このまま行けば今年活躍、そして優勝もありそうです。


あと、気になるところでは、今田竜二が-4、T25位、グレッグ・ノーマンがイーブンです。

今田竜二、あと3日で一回ビッグスコアほしいです。
プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる