昨日は富士山周辺を

Category : 徒然なるまま
冷たい雨の一日になりそうな日曜日です。
ラウンドの方々には風邪など召されませんように。



TVではシェルヒューストンOPがOA中です。シチュワートシンクがトップタイに出てきました。
トップにはビルハースも。
マンデーからトップで頑張っていたスティーブ ウィートクロフトがバンカーからシャンク、ダボコースを辛うじてボギー、1打差となってしましました。
応援していたのですが・・・。
マクロイ・・・調子悪いです。



日本ではアクサレディース、20歳の堀奈津佳がベストの64で単独首位です。
楽しみな選手が次々出てきます。
今日はTVで応援します。



インドネシアPGA選手権は横尾要が出てきました。
池田勇太も1打差ですので日本勢の優勝の期待大です。





さて、昨日は山行の予定だったのですが、生憎の天気で富士山の麓をウロウロしていました。

130330_001.jpg
西湖です。




130330_004.jpg
鳴沢風穴、初めて行ってみました。



130330_006.jpg
氷の柱、ライトアップしていました。



130330_005.jpg
更にアップ




130330_003.jpg




130330_010.jpg
青木ケ原樹海を通って今度は「鳴沢氷穴」に



130330_007.jpg
ここもライトアップが



霧雨が終始降っていました。
河口湖、西湖周辺の桜は、マダマダでした。都留あたりまでは咲いていたのですが・・・。



130330_008.jpg
些かお疲れモードのようでした。




130330_009.jpg
談合坂SA、雪柳が一面真っ白でした。



130330_002.jpg
お供のワンコ、お疲れさまでした。

本格的ゴルフシーズン突入って感じです

Category : ゴルフツアー雑感
暖かで穏やかな朝です。
でも、週末は崩れそうですが・・・。

今日は年度末の月末の週末、世の中、きっと慌ただしい一日なのでしょう。
自分の職場も4月1日人事異動の対応が・・・。
自分は変わりませんが。




JGTOとワンアジア共催のインドネシアPGA選手権、TVで少し見ましたが重そうなグリーンでした。

一方、今朝のシェルフューストンOP、スティンプで13フィートだとか、凄い転がりです。
今週、来週とテキサスシリーズでその次がジョージアのマスターズ、石川遼も調子を出したいところです。
今週のコース、石川遼にあってそうですがちょっとやらかしています。INスタートで現在OUTの5番ですが1オーバー、85位タイでは・・・。
調子は悪くなさそうですのでリズムが出てくればどうにかなると思うのですが・・・。
そして、マクロイも1オーバー・・・。中々調子が上がりません。


インドネシアPGAは宮本勝昌、山下和宏が-7でトップタイ、超団子状態ですのでドウノコウノはありませんが、前回のタイランドOPのように一日しか調子が続かないような展開はやめてJGTOのメンモクを立ててもらいたいと思います。
そうは言っても、アジアには雑草的強さを持った選手がゴロゴロしていますので簡単な戦いではなさそうですが・・・。


そして、今日からはJ-LPGA、アクサレディースが始まします。
話題の中心は森田理香子のブレイクがどうか!
ということのようです。

まあ、自分的にもその通りではあるのですが…。




【今朝の風景】

食傷気味かも…ですが。





なにもない朝

Category : 徒然なるまま
昨日の寒さも一段落、温かくなりそうです。



今日からJGTO、ワンアジア共催第二段のインドネシアオープンです。
JGTOから46選手が参戦とか、頑張って欲しいものです。
期待の選手は…、若い人に!



その他ネタなし!




【今朝の風景】

昨日の雨は大したことはなく、桜も元気に残っていました。













今週末迄はどうにか…大丈夫のようですが、肝心の天気がパッとしません。

3月もあと僅かになりました

Category : 徒然なるまま
寒い朝です。
雨、まだ弱いですが、『花散らし』になるのでしょうか?



サッカー、
ブラジルW杯予選、オマーンに負けました。
別に好きなわけではないのですが、本田圭佑の『オレ・オレ』がPK蹴っていたら・・・。
過ぎたことです。



ゴルフの話題は、
タイガーの今年3勝目、ワールドランキング1位が中心です。
ショーン・フォーリーと長期計画でスイングを作ってきたのが開花、賞賛記事が目立ちますが、まあ、
『勝てば官軍』って感じです。



経済関係、
と言っても株ですが、今日は『権利落ち』でどうなるかです。
ニューヨーク・ダウは結構上がりましたので下げは小幅なのでは・・・と期待したいところです。
株、若干ですが幾つか持っていますが、中々上がってくれないどころかジリ貧の株もあります。
本当は早々に手放し上がり目のあるのに持ち替える必要があるのですが、ズーッと持っていると愛着が出て・・・。
そんな事では儲かるわけがありません!

さとり世代

Category : 徒然なるまま
昨夜の雨は上がりましたが、寒い朝になっています。
天気は良さそうです。



アーノルドパーマー招待は、やはりというかタイガーウッズの優勝でお仕舞いでした。
同大会8勝、そしてワールドランキングトップに返り咲き、凄すぎです。
マスターズがどうなるのか、個人的には強すぎるタイガーは・・・。
もちろん、凄いとは思いますが・・・。



さて、最近巷を賑わしている言葉、『さとり世代』、


【西村博之氏の定義】

ゆとり世代の次。
結果のわかってることに手を出さない。
草食系。
過程より結果を重視。
浪費をしない。



【特徴】

①車に乗らない
②ブランド服も欲しくない
③スポーツをしない
④酒を飲まない
⑤旅行をしない
⑥恋愛に淡泊
⑦貯金だけが増えていく
⑧DVDの新作レンタルすると凄い贅沢した気になる
⑨自分で納得したものにお金を出す


我が愚息、

③スポーツをしない
以外はピッタンコ!
(⑧は微妙ですが・・・)

江東で一人暮らし、TVもないようです。
母親が連絡を取るもそっけない返事、年に一度しか顔を出しません。

困ったもんです。



【今日の風景】


雨上がりですので、富士山の景色を期待していたのですが…。




秩父の山、雪を被っています。




近くの垂れ桜、若干早かったです。

無題

Category : ゴルフツアー雑感
予報と時間がずれ、早朝から弱い雨が降っています。



ツアーですが、
Tポイントレディースは一ノ瀬優希が逃げ切りでした。
流石、勝負に勝つだけの根性と気の強さを感じたプレイとインタビューの応答でした。
見事!
ただ、やはりTVの残り時間で展開が分かったのは残念でした。



アーノルドパーマー招待は悪天候でサスペンド、よっぽどのことがない限りタイガーの勝ち! でしょう。
ジャスティンローズの異常な失速が何とも…。
石川遼も失速ですが……。





【昨日の風景】

一気に花が咲きだしました。



130324_02.jpg
天気が今一でした。




130324_03.jpg
モクレン、でしょうか?




130324_04.jpg
トウの立ったふきのとう




130324_01.jpg
道端のツクシ




130324_05.jpg
雪柳ですが、些かセコイ。




130324_06.jpg
これは山桜。




130324_07.jpg
花ももです。




130324_08.jpg
モクレン(?)とほうき桃




130324_09.jpg




130324_10.jpg
名前、知りません。



130324_11.jpg
これは、ボケの花でしょう。

ツアー雑感とラウンド総括

Category : ゴルフツアー雑感

この季節らしい寒さの朝ですが、今の花曇りから雨に変わるようです。
多摩地区の桜はまだ7分くらいですので持ちこたえてくれるとは思いますが。




TVではアーノルドパーマー招待放映中ですが昨日上がり3連続ボギーのタイガーウッズが16番のイーグルでトップに躍進です。
解説の羽川豊が、パットが良いとリズムが出てきてスコアが良くなると言っていましたが、それは素人にも言えることだと頷いてしまいました。
ジャスティンローズもご乱調模様、今年3勝目の雄姿が明日見えそうです。

石川遼はTODAYイーブン、2オーバーで61位タイです。
パターがダメだとやはりスコアを伸ばすのは厳しいです。ショットにも悪影響が出るのでしょう。
色々な経験をするとイケイケゴルフがなりを潜めてきました。
何も怖いものがない10代のあの頃が懐かしい。



US女子はKIAクラシック、
日本勢は全員参戦でしたがパッとせず、今週は違う週のようです。
であれば、ポーラクリーマーあたりにお願いたたいところです。



日本女子はTポイントレディース、
一ノ瀬優希がTODAY-8とコースレコード、凄いです。
3打差2位にターミネーター的強さの森田理香子がいますので初優勝には厳しい戦いですが、いい試合を見たいものです。
それにしても、森田理香子の強さが光ります。
往年の岡本綾子みたいな選手に・・・期待したい。





さて、金曜日の千葉夷隅のラウンドの総括です。

■『新インナーゴルフ』の効果は?
あまり、ああ打とう、こう打とうと考えず、見た目の感覚とイメージを明確にしてあとは感性に任すスイングを心がけようとしました。
思うようにはあまりできませんでしたが、新鮮な感じもしました。
スイング中は邪念を捨て『今、起きていることに集中する』ということで、『バック・ヒット・ストップ』を実践しました。
中々集中することができませんでしたが、いい感触もありますので更に突き詰めてみたいと思います。

■ドライバー
CRZ-435Ⅱみたいなドライバーを本番投入してみました。
130306_004.jpg
練習でもつかまりすぎの傾向があったのでゆったりスイングすることを心がけました。
広いコースながらFWキープも6つと多くなかったのですが、一発の飛距離もありもう少し慣らせば使えそうな感触を得ました。
「みたいなもの」を使い続けるのは、ちょっと・・・なのですが。

■フェアウェイウッド、ユーティリティ
3Wは概ね問題なし、5W、3Uもまあまあでしたが、数回使用した4Uが気をつけてもヒッカケ系でした。
4U(RAZR X Tour US-Ver. Flex-S)練習でもやや引っかかるかなあ・・・と心配していたのですが、合わないのか・・・という心配が頭をもたげてしまいました。
ライ角もかなりフラットなのですが・・・。

■アイアン
力が入るとフックに、これで大怪我の元を作ってしまいました。
もう少しボディと腕とクラブが一体になって振れるようにしないと・・・。
また、当たると以前より飛距離が出るようになってきた感じもあり注意深く見ていく必要があります。

■ウェッジ
3連続ダフリを披露したとき、周囲のメンバーの凍った雰囲気、自分も心が凍りかけましたが一方で冷静に「あっ!やらかしてるなあ・・・お前!」と見ている自分もいて面白い経験でした。
後のウェッジは、寄ることは稀でしたが最悪のアプローチはなかったです。
52°と58°のフルショットではピンに絡むのもありましたし・・・。

■パター
練習Gではグリーンのタッチは会うと思えたのです。
前半はマズマズでしたが、後半はリズムが崩れ距離感、方向性ともバタバタと行っちゃいました。
MIDパターの有効期限が切れた?


次のラウンドは4月6日、久しぶりのホームの予定です。
本来ですと桜満開の展開なのですが、望めませんでしょう。







仙人みたいなゴルフは難しい

Category : ラウンド
上野公園の桜が満開だとか、今年は本当に『一気』ですね。
今日も天気は良さそうです。


US-PGATOUR、アーノルドパーマー招待、石川遼、予選通過良かったです。
ヒヤヒヤものでしたが・・・。
心臓に悪い。


さて、昨日のラウンド、風はやや強かったもののまずまずのコンディションでのラウンドでした。


目標の、
スコアは二の次、
自然を感じ、
ゴルフそのものを楽しむ・・・
そんな仙人みたいなゴルフは簡単ではありませんでした。


千葉夷隅ゴルフクラブ、5回目くらいのラウンドでしょうか?
パーゴルフ、接客満足度No.1だそうですが、まあ、そうなんでしょう。

コースはいつ来てもしっかりした本格的なコースです。
コースの整備も良くFWも広く、あまりトリッキーさはありません。

グリーンもトリッキーさはあまりありません。
グリーンスピードは、普通って感じでした。


130322_千葉夷隅01_クラブH
練習グリーンから見たクラブハウス



130322_千葉夷隅02_練習G
練習グリーンもゆったりしていました。

アプローチ練習場がないのは残念です。




さて、ラウンドレポートです。
本来はやるつもりはなかったのですが、写真を撮ってしまったので・・・。




【前半:南コース】

NO.1 547Y P.5
130322_千葉夷隅03_南01
ティショットはFW左、2ndスプーンもFW、155Yを6Iでピン手前11Yにオン、2パットのパー


No.2 384Y P.4
130322_千葉夷隅04_南02
ティショットは右ラフ、残160Yを6IでG右横BKへ、58°でピン横10Y、2パットのボギー


No.3 357Y P.4
130322_千葉夷隅05_南03
ティショットは右クロスBK、

130322_千葉夷隅06_南03b
残130Yを8IはトップでBKアゴに当たりチョロ、残65Yを58°でピン横2Y、1パットのパー



No.4 167Y P.3
130322_千葉夷隅07_南04
打ち下ろしの160Y、6Iはヒッカケ左奥の池、ドロップ、残30Yを52°はザックリ、次もザックリ、そしてザックリ、ワンペナ入れて5打目でカラー、パターで寄せて1パットの7打の+4!



No.5 374Y P.4
130322_千葉夷隅08_南05
ティショットは左ラフ、2ndは残170Yを3Uは乗らず、52°でピン右4Y、2パットボギー



No.6 347Y P.4
130322_千葉夷隅09_南06
ティショットは左ラフ、残125Yの下りを9Iはピン左6Yにオン、2パットのパー



No.7 170Y P.3
130322_千葉夷隅10_南07
3Uはナイスショットも大きくショートG手前花道、52°はピン手前2Y、1パットでパー



No.8 414Y P.4
130322_千葉夷隅11_南08
ティショットはFW左、2ndの残185Yを5WでG左横、52°で寄せて1パットパー


No.9 498Y P.5
130322_千葉夷隅12_南09
ティショットは右ラフ、木がややスタイミー、3UでFW左へ、3rdは残130Yを8IはG左奥ラフ、寄せきれず2パットのボギー




【後半:西コース】

No.1 358Y P.4
130322_千葉夷隅13_西01
ティショットは右ラフ、2ndは135Yを8I、G右に外す、3rdを寄せきれずパターもミス、3オン3パットのダボ!



No.2 517Y P.5
130322_千葉夷隅14_西02
ティショットは右、木に当たりFW、次の3WはFW、3rdは残150Y、6Iはフック、G左奥、52°でグリーンオンも遠く2パットボギー



No.3 390Y P.4
130322_千葉夷隅15_西03
ティショット左ラフ、2ndは165Yを4U、フック左、3rdは30Yを58°も乗っただけ、13Yを3パットダボ!



No.4 151Y P.3
130322_千葉夷隅16_西04
アゲンスト、6IはG右、PTでの寄せも2Yオーバー、2パットのボギー



No.5 382Y P.4
130322_千葉夷隅17_西05
ティショットはFW左、2ndは175Y、2UはG手前花道、52°で寄せて1パットのパー



No.6 380Y P.4
130322_千葉夷隅18_西06
ティショットはヒッカケ左の木に当たりFW、残210Y、3Wは同じフック左の木に当たりFW、3rdは65Yを58°も開いてあたりG右に乗っただけ、15Yを3パットダボ



No.7 430Y P.4
130322_千葉夷隅19_西07
ティショットは右カートパスに当たり距離稼ぐ、2ndの170Yを4UはG左へ、3rdのライ悪く52°乗らず、カラーからPTも3Yオーバーし2パットのダボ



No.8 174Y P.3
5Iはナイスだと思ったがオーバーG奥、2ndは左足下がりPWで転がすもショート、Gに2Y入っただけ、Pまで5Yを2パットボギー



No.9 553Y P.5
130322_千葉夷隅20_西09
ドライバー、3WともFW、3rdは165Yを4U、またまたフックでG左BK、58°でP左5Yにオンし2パットボギー



スコア、トータル91(+19)、34パットでした。

スイングや目標とその結果などは時間の都合で後日にします。


まあ、一言でいえば、

色々収穫はありましたが、道半ばって感じのラウンドでした。




2013年No.7
■Date:3/22
■Course:千葉夷隅ゴルフクラブ(南・西、レギュラーティ OLDグリーン)
■Weather:曇りのち晴、中風
■Result:Score=91(+19)  Putts=34
前半Score- △ -+4 △ -- - △43(+7)
Putts2  2  1
1  2  21  1  2  14
後半Score■ △ ■△ - ■■ △ △48(+12)
Putts3  2  32  1  32  2  2  20

■Stats: Par On:2  Fair Way Keep:6  OB:0  Penalty:1
■ストロークの内訳
 30ヤードOVERで費やしたストローク数 : 38(平均2.11/ホール)
 30ヤード以下で費やしたストローク数  : 53(平均2.93/ホール)
■使用ボール:Pro V1(2011)

千葉夷隅ゴルフクラブにやってきました

Category : ラウンド
今日は、『地主』である上司と後輩とのラウンドです。
本来のメンバーが急遽仕事で参加できず、暇な自分が代打ちとなったのですが(苦笑)。


ここは昨年の1月以来です。
iphone_20120128080109.jpg
去年の1月のスターティングホール

昨年の記録を覗いたら、前半52点、後半44点と最近と変わらないことをしていました。
本当に進歩がありません。






今日の目標ですが、


昨日の『新インナーゴルフ』に、『PEL』トライアングルという考え方があります。
Performance(成績)、Enjoy(喜び)、Learn(習得)の3つの要素のそれぞれが相互に絡み合ってレベルが上がっていく。ところが、ゴルフでも仕事でも、業績(成績)偏重傾向があり、その中で楽しむことや習得することがおざなりになりがちである。これでは業績も上がりづらい、

一度、成績(スコア)から意識を外し『楽しむためのゴルフ』を試してみることも重要!

といったものです。

言われていることは一々頷けるのですが、何をテーマに『楽しむか?』です。



難しいでしょうが、

今日は、下半身リードだとか前傾維持だとかのテクニカル面、スイングへの意識的操作とか一切忘れることとします。

頼るのは、本能や直感。
ただクラブヘッドに意識を集中するだけ。
大叩きしても熱くならず自分をそのまま見つめます。ナイスショットにも調子に乗らず冷静に受け止めます。

スコアを意識せず、自然を感じ、ゴルフそのものの喜びを感じるラウンド・・・そんなゴルフをしてみたいと思います。

『新・インナーゴルフ』 読み終わりました

Category : 書評

冷たい、風の強い朝です。
桜が散る恐れ・・・まだ大丈夫ですが。




さて、

130221_新インナーG

ゴルファーにとって真の理想は、理屈や理論が生み出した「完璧な型」に押し込めて作るスイングではなく、内側から自然にあふれ出てくる「感覚」を生かした本能のスイング。眠っている「自分自身を感じ取る」能力を再開発することで、ゴルフは自由に、もっと愉しく上達し熟練することが出来る。

この本のキャッチコピーです。



■ゲームには『アウターゲーム』と『インナーゲーム』がある
実際に繰り広げられているゲーム、ショットしたりパットしたりその結果によって争われるゲームがアウターゲーム。一方、そのために当事者の体の中でもう一つのインナーゲームが繰り広げられている。
インナーゲームは「セルフ1」と「セルフ2」の戦いであり、アウターゲームに勝つための近道はインナーゲームを制すること。

■セルフ1は経験や概念、知識などからによる思考、セルフ2は実際の行動をおこす実行者
セルフ1はゴルフ理論などの知識や経験から導き出される思考であり、実際の行動を行なうセルフ2への司令官を自認する。

■セルフ1はセルフ2の指揮命令者を自認する
ゴルフが厄介なゲームなのは、飛んでくるボールを反射的に打ち返すゲームなどではなく、止まっているボールを自分の意思とタイミングでヒットするがゆえに、その前後に多くの思考が介入するところ。
センシティブなゲームゆえ不安や期待といった思考が渦巻く中、覚えた理論や知識にもとづきセルフ2を動かそうとする。成功すれば自己満足するが、失敗をすると「自分自身」を怒鳴りつける。
だが、その「自分自身」は司令官のセルフ1ではなく、実行者のセルフ2に対しての叱咤なのである。

■ポテンシャルの発揮はセルフ2のみによって最大化される
セルフ2は無意識的あるいは潜在的な身体能力をすべて含んでおり、実際の運動機能を司っている。この能力を最大限発揮できた時がその人の最大能力である。しかし、『思考』という指揮官が介入すると、その能力が著しく阻害される。

■セルフ1の出る幕をなくすには、『今起きていることへの集中』である
最善の方法はセルフ1の呪縛を解き、セルフ2が本来自身が持っている能力に身をゆだねプレイする。
そのためには意識を「現在、起こっている事態に集中する」こと。「リラックスした集中力を高める」ことである。
その結果、これまでと違うレベルのゴルフが展開される。また、成功やミスに一喜一憂せず、ありのままのプレイを認めることにより今までと違ったゴルフへの楽しみが見いだされてくる。


という内容の本です。


過去の成功体験(大したものではないですが)から、現状の体たらくをもって自己不信のかたまりと化している自分のゴルフ、

そこから解放してくれるヒントをもった一冊でした。



といっても、『自己不信』からの脱却、

それほど簡単ではないでしょうが・・・。



暫くの後、
もう一度きちんと読んでみたいと思います。


プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる