注目選手はイマイチのようでした

Category : ゴルフツアー雑感
かなり、寒い! 朝です。
昨日、広島で大雪、新潟などでは大荒れだったようですが、東京は18℃と暖かかったのです。

今季一の冷え込みでした。




銀杏もピークを過ぎた感じです。




いつもの通り、空気が澄んでいます。




さて、終盤のツアー、

リコーカップ、横峯さくらはノーバディ、2ボギー、森田理香子は1イーグル、3バーディでしたが上がりの7ホールで6つのボギーでどちらも2オーバー。
横峯さくらが200万円強負けていますので、初日はさくらピンチってとこでしょうか?
トップとの差は5打差ですのでまだどうにかなりそうですが・・・。



カシオワールドOPも人気の石川遼、松山英樹は仲良くイーブン、石川遼は最終9番の2ndを直接入れてイーグル、松山英樹は-2から段々落としてイーブンと気分は真逆かも・・・ですが、百戦錬磨ですから。

石川遼の報道では今回勝って、JTカップ勝ってWR50位以内でマスターズ! って、どこまで提灯!なのでしょうか?
ったく!って感じです。

女子は最終戦、男子は石川遼参戦で盛り上がり?

Category : ゴルフツアー雑感


昨日の夜は冷えたのですが、今朝はそれほどではない感じです。
でも、しっかり『冬』ですね。



今日からJGTOはカシオワールドOP、
その昔はワールドレベルの選手を呼んでいたのでその名前が付いたのですが、今は見る影もありません。
まあ、ワールドレベルと云えば石川遼、松山英樹でしょうか?
TVはBS-TBSで明日からです。


女子は最終戦のリコーカップ、
森田理香子と横峯さくらのマネークイーン争いが注目です。


やっと日本ツアーも盛り上がって感じです。



海の向こうからはバッバが20°のハイブリッドクラブ一本で81ストロークで回ったとか。
ゴルフルールが一本ルールに変更・・・ってことはないでしょう。
クラブメーカーが大変なことになていまいそうです。

夜の紅葉は

Category : 風景
今朝は曇り、ちょい寒です。
日本海側は大荒れのようです。冬の日本海側・・・大変です。

時事では猪瀬さん、中国の防空識別圏、特定機密保護法案の強行採決、HIV感染血液の輸血と、いい話がありません。
まったくいい加減にしろ!ってとこです。



さて、先の日曜日、歩いていける某不動尊を中心に、夜の『もみじまつり』がありまして、ちょっと覗いてみました。
コンデジですので画像でアレですが、せっかくの風物詩っぽいものですので残しておきます。

コメントはありません。

131127_001.jpg




131127_002.jpg




131127_003.jpg




131127_004.jpg




131127_005.jpg




131127_006.jpg




131127_007.jpg




131127_008.jpg




131127_009.jpg




131127_010.jpg




131127_011.jpg




131127_012.jpg


4年前のパターですが・・・

Category : 道具のこと
昨日の夕方から夜にかけ、強い風に雨でした。
枯れ葉が舞って、というより吹き飛ばされていました。

今朝は穏やかな朝になっています。



さて、
去年の春ですから1年半、MIDパターを使ってきています。

120506_MANTA05.jpg

GHOST MANTA MID


AGSI+のネオマレット+MIDサイズで重量級、当初、転がり、直進性の良さで薄めにラインを狙ってよい感じでありました。

120506_MANTA04.jpg



ただ最近、慣れからなのかタッチも弱くなりショートするケースも。

では! と、インパクトで少しパンチをくれる打ち方に変更。
それが、昨今の早めのグリーンだと何処までも転がっていく・・・。

また、
ネオマレットなどのフェースバランスのパターは、重心距離(アングル)のあるアイアンなどとの流れが悪い!との話をよく聞きます。
アンカーリングも2016年には完全禁止、極太のSuperStrokeもカートのパター置き場を占領するので評判が悪いし(苦笑)。


と、云うことで重心距離(アングル)バリバリのパターを調達してきました。

今更感、ミーハーっぽさ全開ではありますが、以前から使ってみたかった気持ちにあがなえませんでした。

121124_zenkei.jpg
右の・・・。




121124_TOP.jpg
オデッセイ ブラックシリーズ ix #9 34インチ 508g
軟鉄 削り出し 日本専用モデル


当然、セコハン(古臭い言い方!)ですが、程度のよいのが諭吉さん一人以内で手に入りました。
グリップがSuperStrokeに換えてあるためなのか安価。そしてやや軽い。

121124_GRIP.jpg



121124_Back_02.jpg


まだ、芝の上では打っていません。
パターマットでは、最初、右への弱プッシュ傾向、MANTA MIDよりボールの伸びは今ひとつでした。

芯で打てないと打感、転がりに違いが出ます。(アッパー軌道上でインパクトするケースが多く少し低めのフォローを意識することによって改善しました。それともボール位置をもう少し右か?)

121124_Face.jpg


ただ、打感もマズマズ、ボールの転がりも悪くない、ヘッドの効きもOKでどうにか物にしたいと思い取組んでみました。

121124_BaceFace.jpg


試行錯誤の結果、パターマットではほぼストレートに打ち出せるようになりました。

MIDパターではアンカーリング主体のヘッド軌道で無意識に近かったのですが、L字マレットのix #9はテークバックをややインサイドに引くよう意識しました。
これによりフェースローテーションが安定した感じです。

121124_Back.jpg


次のラウンドは12月中旬、栃木まで遠征です。
初めてのコース、月に何回か12フィートまで出すとか、高速でアンジュレーションがきついグリーンとの噂を聞きます。
いきなりのデビュー?

そういえば、
ネオマレット+MIDを採用したきっかけは1m、いや、50cmくらいのパットが怖くて死にそうだったからですが、どうなることやら!?

一番面白かったのはワールドカップでした

Category : ゴルフツアー雑感

昨日までの好天は一転曇った朝です。
夕方から雨が降るとか、久しぶりのお湿りです。


昨日のプロの試合、

ISPS半田ワールドカップは強風のロイヤルメルボルンでの最終日、地元OGチームがぶっちぎっての勝利でした。
個人優勝はジェイソンデイ、トーマスビヨーンのつばぜり合いに勝ち抜けました。
厳しいコンディション、厳しいコースで一流選手のプレー、スコアを落とすこともありながらも凌ぎ、伸ばす面白い展開でした。

日本勢も本当によく凌いで頑張ったと言えます。3位タイは立派です。
5位タイの石川遼、最終日やっと良いゲーム見せてくれました。
でも、3日まで引張たのは谷原秀人なのですが。

ゴルフネットワークの解説は懐かしい伊沢利光、おっとり暖かい人柄には好感でしたが、イマイチ解説が面白(深く)くない、ちょっと・・・な解説でした。

とこで、
ISPSは日本の社団法人、会長は半田晴久氏、事業家、スーパー音楽家、宗教家って・・・。
すごい人のようですが、これだけ連ねられるとちょっと・・・。

フィランスロピーの立役者、全く知りませんでした。無知ですね。
それにしても、賞金総額800万ドル、どういう捻出方法なのでしょうか?



ダンロップフェニックスはやっぱりルークの楽勝でした。
スーパな曲がらない選手が相性のいいフェニックスなら当然ともいえますが、それでもピンを射るようなショットは魅せました。
キムヒョンソンが食い下がっていましたが全然及ばず、これが松山英樹あたりでないと!



大王製紙エリエールディースはスーパーロングイーグルパットで森田理香子が藤本麻子を逆転、横峯さくらをも逆転しました。
賞金女王は最終戦で決着ですが、個人的には森田理香子でしょうか?
バーディ続出、コースがどうなのかわかりませんが、それでもプロは凄い!

今回は少し、藤本麻子が可哀そうでした。






【昨日の風景】

ゴルフレンジの帰り道、いつものメタセコイア通りに

121124_001.jpg



121124_002.jpg
光陽に照らされて綺麗でした。




こちらは犬の散歩でいつもの富士山ビューポイント
121124_003.jpg

暖かい日曜日でした。


『我がゴルフ』

Category : ラウンド

WorldcupゴルフはOGとUSAが接戦、流石、ジェイソンデイ、アダムスコット調子に乗ればそんなもんでしょう。そして、マットクーチャーも。
谷原秀人、いい線行っていたのですが・・・。石川遼も含めて最終日伸ばしてチーム戦3位頑張ってください。

ダンロップフェニックスは・・・フェニックスで普通にやればルークドナルドにJGTOは太刀打ち出来ない、そんな試合内容です。
ホストプロの松山英樹もソコソコですが、ちょっとコースが向かないのでしょうか?
それにしても、JGTO勢の上位があれだけ日本を叩いている韓国勢なのはちょっと・・・、政治とは別ですが日本勢の奮起に期待したいものです。


大王製紙エリエールは森田理香子がトップに!女王争いは混沌です。こっちも目が離せません。



さて、昨日はいい天気のもと、ホームでのラウンドでした。
最近のネガティブモロ出しのラウンドでした。

131122_001.jpg
富士山もくっきり


131122_002.jpg
ここはいつも紅葉がすごいところです。




【前半】
◆No.01 448Y P.5 全体的に打ち上げ・・・7(2)
1W:右チョイラフ(230Y)U21:右ラフ(50Y)58°:トップ!Gを大きくオーバー(マウンド越え、30Y)PWの転がしGに届かず(12Y)52°:P右手前5Yにオン2PTのダボ!!

◆No.02 137Y P.3・・・3(2)
(148Y)6I:P右6Yにオン2PTのパー

◆No.03 317Y P.4 240Y地点のFW中央に木!・・・5(1)
1W:左ラフ(110Y)9I:G手前に落ちたが傾斜でバウンドGオーバー(左足下がりの15Y)52°:下りの順目でGオーバー(カラー、10Y)PT:P奥1Yにオン1PTのボギー

◆No.04 262Y P.4 池越え、190Yで超える・・・7(2)
1W:FW右(50Y)58°:シャンクG右バンカー(25Y)58°:Gを少しオーバー(12Y)52°:ザックリ!(10Y)52°:Pを下りの順目、Pを1Yオーバー外して2PTのトリ!!!

◆No.05 159Y P.3 打ち下ろしの池越え・・・4(2)
7I:G左横(G_3Y、P_12Y)52°:Pに4Y届かず2PTのボギー

◆No.06 525Y P.5 緩やかな打ち上げ、左OB、右1Pとタイト・・・7(3)
1W:左チョイラフ3W:FW中央(110Y)PW:トップゴロ、FW手前(25Y)52°:P手前8Yにオン1stパットを1.5Yオーバー、3PTのダボ!

◆No.07 432Y P.4 200Y先迄緩やかな打ち上げ・・・5(1)
1W:FW中央(220Y、5Y先にFW中央の木)U21°でスライス:大スラ、右土手(100Y)PW:想定以上のヒッカケ、G左(15Y)52°:Pを1Yオーバーでオン1PTのボギー

◆No.08 344Y P.4・・・6(1)
1W:FW左(140Y)7I:G右奥(25Y)52°:ザックリ!(22Y)52°:Gをチョイオーバー(カラー、10Y)PT:OKへ1PTのダボ!!

◆No.09 427Y Par.4  緩やかな打ち下ろしの広め・・・5(2)
1W:FW右(130Yのフォロー)9I:G左手前(15Y)52°:Pを10Yオーバーでオン2PTのボギー

前半は+13の49、パット数は16個、
出だしマズマズかと思っていたのですが、グリーンを狙う50Yショットで失敗、パー発進したかったのですが・・・。
まあ、50Y残した自分の頭が悪いのですが・・・。
そのあと、信じられないようなシャンクとか・・・それも50Yでしたが。



【後半】
◆No.10 366Y P.4 ずーっと打ち上げ・・・6(1)
1W:プッシュ!右コース(210Y、打ち上げ、林越え)U24°:木の枝に当たり手前斜面52°:G左手前FW (45Y)58°:Gをチョイオーバー (8Y、カラー)PT:OKへ 1PTのダボ!!

◆No.11 126Y P.3・・・4(2)
(アゲンスト)8I:吹き上がって大ショート(20Y)52°:P手前5Yにオン2PTのボギー

◆No.12 383Y P.4・・・5(2)
1W:FW左(115Y)PW:G手前(13Y)52°:P手前2Yにオン2PTのボギー

◆No.13 350Y P.4 大きな打ち下ろし、左OB、右1P・・・6(1)
1W:プッシュ!右ワンペナ(200Y)6I:ヒッカケG左BK(30Y)58°:G手前(15Y)52°:P手前1Yにオン1PTのダボ!!

◆No.14 153Y P.3 谷超え・・・2(1)
(150Y)6I:G右奥6Yにオン下りのフックラインが入って1PTバーディ!

◆No.15 372Y P.4 240Y先左側はえぐれておりOB、FW中央に大きな木・・・5(2)
1W:左ラフ(115Y、ピンには正面の木の枝がかかる)9I:G左(15Y)52°:P手前4Yにオン2PTのボギー

◆No.16 323Y P.4 打ち上げの左右1ペナ・・・5(2)
1W:FW右(110Y)PW:G右手前(15Y)52°:P右1.5Yにオン2PTのボギー

◆No.17 558Y P.5 打ち上げのタフなホール・・・7(1)
1W:FW中央3W:右ラフU21°:トップ、FW中央(100Y)9I:G左奥(15Y、下り)52°のトゥ打ち:ショート!(11Y、カラー)PT:OKへ1PTのダボ!!

◆No.18 301Y P.4・・・4(1)
1W:チョイ左ラフ(90Y)52°:G左手前(10Y、下り)58°のトゥ打ち:Pの1Y先にオン1PTのパー

131122_003.jpg
最終ホール



後半は+9の44(Par35)、Put数は13、トータル+22の93ストローク、29パット。
まあ、今の能力からしたらそんなものでしょう。

ドライバーは、概ねスライス系打てました。スタンスとフェースの向きに注意すればどうにかなりそうです。しかし、パワーフェードとは程遠い飛距離の寂しさはあいも変わらず、でした。
もうひとつのパターのストローク方式は・・・これは無理でした。
そのため、パンチが入って晩秋になって早くなったグリーンでオーバー連発!
ちょっとパター・・・浮気したくなったような感じです。


最後に川柳をひとつ
『シャンクにトップにザックリと ひどいゴルフが 我がゴルフ』

失礼しました。


2013年No.34
■Date:11/22
■Course:ホーム
■Weather:晴れ、弱→中風、12℃前後
■Result:Score=93(+22)  Putts=29
Front9Score■ - △+3 △ ■△ ■ △49(+13)
Putts2  2  12  2  31  1  2  16
Back9Score■ △ △■ ○ △△ ■ -44(+9)
Putts1  2  21  1  22  1  1  13

■Stats: Par On:2  Fair Way Keep:7  OB:0  Penalty:1
■使用ボール:ロケットボールズ・ウレタン


今年も残すところ2ラウンド、我がゴルフを貫くことでしょう!

小春日和のラウンドです。

Category : ラウンド


快晴微風、暖かいです。

懲りもせず、ホームでのラウンド、今日のテーマは、
ドライバーのフェードボールとパターはストローク式、
どうなることでしょうか?

松山英樹は9月のブヨの再発でしょうか?

Category : ゴルフツアー雑感
十分に寒い「冬の朝」って感じです。





昨日からのプロの試合、

まずはHANDAワールドカップゴルフ、トーマスビヨーンとケビンストリールマンが-5でトップ、チームでは二人のいるデンマークとUSAが-5、日本は石川遼がイーブン、谷原秀人が+1の+1と8位タイです。
この初日の結果が良いのか悪いのか・・・。
Golfnetworkの中継録画し忘れですので内容はよくわからないです。
ただ、序盤、NETの速報を見ていたら、6ホールでマットクチャーが-3、石川遼が+2!
こんなものか!
と思っていたのですが、結局は二人ともイーブン、
ゴルフってわからないものです。




ダンロップフェニックスは話題の中心はルークドナルドと松山英樹でしょうか?
131122.jpg
右アゴの影響は問題なさそうですが、終盤で松林にやられたようです。

ルークドナルドも1Rは・・・の結果です。
トップは-4の山下和宏、松山英樹はイーブンですからこれからでしょう。



大王製紙エリエールレディースは賞金女王争いの森田、横峯、それにシード確保の戦いの上田桃子でしょうか?
そんな中、大山志保がトップ。
今週はこれで良いのでは!
と個人的には思うのですが、まだ初日ですので・・・。

今日からワールドカップ、そして、鳴沢の反省!

Category : 徒然なるまま
晩秋らしい気持ちのいい朝です。


逆光の太陽がまぶしいです。




これから落葉の季節が始まります。



さて、
今日からゴルフワールドカップ、
PGATOURのパワーランキングでは石川遼が4位、日本チームが2位と持ち上げてもらっています。
日本人の殆どがそうですが、谷原にしても石川にしても世界の舞台では何か弱いイメージがあります。
そんなネガティブな危惧感など杞憂に終わるよう願ってやみません。

ワールドカップの特典、何かあるのかなあ・・・?と調べてみたのですが、
①成績がワールドランキングに参入される
②賞金ランキングに加算される(JGTOは除外)
くらいのようです。
PGATOURの賞金ランキングに加算されても、シード権はFedExポイントですから・・・。
ワールドランキングも優勝やベスト3に入ればジャンプアップでしょうが、50位以内のマスターズは無理でしょう。

JGTO、ダンロップフェニックスを押して出場の選手に随分冷たい感じです。



さて、
鳴沢GCで結構叩いた心理的余韻が今も残っています。
その理由をハッキリさせて心の整理をしたいと思います。

《大叩きの理由その1:スライス系のティショット》
ティショットは左からのスライス系を通しました。結果はほぼ想定のスライスでした。ただ、強風、寒さの影響もありますが飛んでくれません。
よく転がって240Y、曲がりすぎると200Yを切る。次のショットが長いこと。
曲がりを押さえたパワーフェードを会得するにはマダマダかなり厳しそうです。

《大叩きの理由その2:ティショットのバンカーインが多すぎ》
ティショットで4回フェアウェイバンカーに入りました。
そして次を無理する。そうすると、ダフッったり、
またガードバンカーへ打ったり・・・。
バンカーインはしょうがないとして、7Iより下のクラブで打てる良いライなら別ですが、バンカーから確実に次のショットが条件よく打てるよう考えなくてはいけません。

《大叩きの理由その3:ガードバンカーでの大叩き》
ガードバンカーは最初はバンスを上手く使えてマズマズの調子だったのですが、17番ホールでホームラン、グリーン反対のバンカーにイン、そこからもダイレクトコンタクト!
この、よく出る悪癖をどうにかしないと!

《大叩きの理由その4:スティンプ10.5フィートのパッティング》
殆どが大オーバーでした。
カラーからのアプローチパッティングも含めるとパット数は42パット。
最近、生来の「ショート癖」が嫌でコツンと当てるタップ式に変えて強めに打てていたのが災いしたのだと考えます。
ホームも冬場は早くなります。ストローク式に戻すことも考えなくてはいけません。

大きな理由はそんなところでしょうか?

では、救いはなかった?
一個だけありました。
ショートアプローチ、寄りの満足はなかったですがザックリすることはなく一日を終えることができました。
左一軸、肩回転で打つ意識、グリップはソフトに! 少しずつ良い兆しが感じられます。

鳴沢GC、グリーンスピードもそうですが、FW、ガード、両方ともバンカーがきっちり効いてタフなコースです。
こんなコースで鍛えられなければ中々上達も難しい・・・そう感じたラウンドでした。

写真で反省する鳴沢GC

Category : ラウンド
冬型の乾いた冷たいあさです。

サッカー日本代表、ベルギーとの親善試合、見るとはなし見てしまいました。
アウェイ、世界5位、平均身長差5cmを跳ね返し勝つ姿は素晴らしかったです。
このままワールドカップ迄順調に行ってくれると良いのですが。



さて、昨日の鳴沢の反省、時間がなくて写真のアップができませんでした。
折角撮ってきたのでここで紹介したいとおもいます。

131118_02風景
朝、雲ひとつない晴天でした。その代わり風が強くて・・・。


131118_03_No01.jpg
1番ホールのグリーン、左の木のソバ4打が・・・。



131118_04_No02.jpg
2番ホール、グリーンからティグラウンド方面。



131118_05_No03.jpg
3番ホール、右手前のマーカー、約6ヤードのボギーパットでした。
結果、三連続ダボは泣けてきました。



131118_06_No05.jpg
5番ホール、夏と同じ場所にティショットが行ってしまいました。



131118_07_No06.jpg
6番ホール、ドラの基本はスライス系で行ったのですが、ここまで曲がってしまうと・・・距離も出ないし。



131118_08_No07a.jpg
7番ホール、振り返ると富士山。どうにか逆さ富士となっていました。



131118_09_No07b.jpg
富士山、風が強く、カザハナ状態でした。



131118_10_No08.jpg
8番ホール、こちらはさざ波で逆さ富士はダメでした。と、云うより5パットは厳しい!



後半突入です。



131118_11_No10.jpg
10番ホール、いきなりのショート。一応ここから二回。



131118_12_No11.jpg
11番ホール、右のFWバンカー。完全にスタイミー。思いっきり行きましたがダフって・・・。



131118_13_No12.jpg
12番ホールはロング、次の2ndは右FWバンカー。しかもアゴの近く!



131118_14_No14.jpg
14番ホール、スライスボールでここに。飛距離が寂しい!



131118_15_No16.jpg
16番ホールはショート、ダフってこのさま。次は上手く打てましたが。



131118_16_No17.jpg
17番、363Yのミドルで残り200Y。2nd当然オンするはずもなくガードバンカーへ。



131118_17_No18a.jpg
最終ホールはロング。3打で来たのですが、ここから3回。逆目の下りを2mオーバー!



131118_18_No18b.jpg
終わりは夕方、風も凪いで穏やかな富士山が見送ってくれました。
プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる