今日もラウンド

Category : ラウンド
晴れていますが、風が強い。


一昨日の霞ヶ関カンツリークラブの余韻(残念感)冷めやらない中、早々のラウンドです。

静岡、御殿場、富士スピードウェイのそば、富士国際ゴルフ倶楽部・富士コースです。
初めてのコースですが、320~260Y程度のミドルが6、7個と短めなコース、しかも広めでキャディ付、いいスコアが出そうですが、富士山からの芝目が厄介な小さな2グリーンで難易度を調整しているのでしょうか?

希望的観測をいえば、
『コースに癒されて帰ってきたい』
ところですが、
なかなかそんなことにはならないのですが・・・。

まあ、謙虚な気持ちで『100Y残し』を念頭に楽しんで来たいと思う次第であります。

実力を試されるコース

Category : ラウンド

雨上がりの朝、いい天気になりました。


ホンダクラシック初日放送中です。
トップは-5のジムハーマン、
注目のマキロイもローズも低空飛行です。
石川遼は・・・、最近の石川遼でした。
午前組ながら今日は強風が吹き荒れて厳しかったようですが、ジムハーマンも同じコンディションです。
松山英樹は休養に当てたとのことです。






さて、昨日は≪霞≫でラウンドしてきました。
『実力が試されるタフなコース』
ということを聞いたことがありますが、どうしようもない実力の無さを白日の下に晒したラウンドでした。



150226_01.jpg





2015年第6R (2015年2月26日)
 コース : 霞ヶ関カンツリー倶楽部 西コース(イン⇒アウト)
 ティ   : レギュラー
 グリーンスピード : 10.0フィート
 コンディション  天気:曇りのち雨  風:弱  気温:7℃前後


【前半】
◆No.10 495Y (P.5) 右ドッグ、右側に池、200~250Yで捕まる上左サイドのBKも効いている。砲台の受けG。
1W⇒F中・・5W⇒ヒッカケ左BK・・52°で出す、F右⇒(60Y)62°・・P左上(5Y)⇒2PT ボギー

◆No.11 171Y (P.3) G左右手前、右奥にBKでガード
U21°⇒G左BK・・(25Y)56°⇒P左(5Y)⇒2PT ボギー

◆No.12 368Y (P.4)  右ドッグの右に池。2ndはやや打ち上げでFW中央に高い2本の木がスタイミーに。
1W⇒F中も正面に高い松・・(170Y)6Iでフック⇒左R・・(60Y)56°⇒P奥(7Y)⇒2PT ボギー

◆No.13 494Y (P.5) 右ドッグ。2ndはFWをクリークが左右に分断。Gはやや砲台で左右手前のBKが効いている。
1W⇒左R・・3W⇒F左・・(130Y)8I⇒G右奥R・・(20Y)9I⇒P左奥(7Y)⇒2PT ボギー

◆No.14 336Y (P.4) 短いストレートなミドル。G手前・右・奥にBK。
1W⇒左R・・(140Y)7I⇒G奥右BK・・(20Y)56°⇒P左奥(8Y)⇒2PT ボギー

◆No.15 539Y (P.5) ストレートなロング。左右手前、奥にBK。きっちりG中央に。
1W⇒F中・・3W⇒F中・・(140Y)7I⇒G左奥R・・(25Y)9I⇒Gオーバー・・(20Y)9I⇒Gオーバー・・(20)9I⇒P右(8Y)⇒1PT ダボ!

◆No.16 144Y (P.3) G前方から右側は池、左は手前と奥にBK。
(140Y)7I⇒G左R・・(30Y)9I⇒ザックリG左BK・・(15Y)P右横・・(6Y)⇒2PT ダボ!

◆No.17 371Y (P.4) FWが右に傾斜、左サイドBKの右狙い。
1W⇒左BK・・52°で脱出⇒左R・・(160Y)U24°⇒G左R・・(25Y)62°⇒G奥R・・(20Y)9I⇒P下(4Y)⇒2PT トリプル!!

◆No.18 425Y (P.4) ストレートで長めのミドル。
1W⇒F中・・(210Y)7I⇒F左・・(80Y)52°⇒P左手前(10Y)⇒2PT ボギー

《結果》
 ▲ ▲ ▲  ▲ ▲ ■  ■ +3 ▲   +13(50)
  2  2  2   2  2  1   2  2  2    17
(Par-on : 0/9  FW-keep : 4/7  BK-in : 5)

バンカー地獄、ヒッカケ地獄、アプもダメ、厳しい前半でした。
雨は・・・小雨程度、風も弱く大きな問題はなかったです。



雨が強くなりそうなのでスルーで後半へ

【後半】
◆No.1 392Y (P.4) ストレートで広めなミドル。G右手前BK深い。
1W⇒F左・・(180Y)U21°⇒G右BKアゴ・・(25Y)9I⇒G乗っただけ(25Y)・・⇒3PT ダボ!

◆No.2 325Y (P.4) わずかに左に曲がったミドル。
1W⇒左BK・・52°で脱出・・(105Y)9I⇒P左横(11Y)⇒2PT ボギー

◆No.3 478Y (P.5) 短いロング。G手前の大きなBKは避け右花道方向へ。
1W⇒ヒッカケ、木にあたりF中・・3W⇒テンプラF中・・3W⇒右R・・(100Y)PW⇒P左手前(15Y)⇒2PT ボギー

◆No.4 150Y (P.3) G正面から右に大きなBK
6I⇒G右BK・・(25Y)56°⇒P奥(10Y)⇒2PT ボギー

◆No.5 348Y (P.4) 左ドッグ、G奥はOB浅い。G右手前に大きなBK.
1W⇒左BK・・52°で脱出・・(120Y)9I⇒G右R・・(15Y)9I⇒P横(0.2Y)⇒1PT ボギー

◆No.6 537Y (P.5) FW狭く右のOB浅い、強い砲台Gの左手前BKは深い。
1W⇒F左・・3W⇒右R・・木がスタイミー、8Iでレイアップ⇒左R・・(120Y)9I⇒G左R・・(20Y)9I⇒P奥(15Y)⇒2PT ダボ!!

◆No.7 191Y (P.3) 砲台G、左右にBK、左手前に6本木がガード。
(205Y)3W⇒G手前花道・・(30Y)52°⇒P手前(20Y)・・3PT ダボ!!

◆No.8 390Y (P.4) ストレートなミドル。G左右に大きなBK。
1W⇒F中・・(180Y)U21°⇒G手前カラー・・(25Y)PT⇒P左横(3Y)⇒2PT ボギー

◆No.9 377Y (P.4) 左ドッグ、45Yの縦長Gは左BKが効いている。
1W⇒F右・・(160Y)U24°⇒G左横R・・(25Y)62°⇒トップG奥・・(25Y)9I⇒P左奥(3Y)⇒2PT ダボ!!

《結果》
  ■ ▲ ▲  ▲ ▲ ■  ■ ▲ ■   +13(49)
  3  2  2   2  1  2   3  2  2    19
(Par-on : 0/9  FW-keep : 5/7  BK-in : 3)


TOTAL  : +26 (99) ストローク
Put数   : 37
Par-on  : 0/18
FW-keep : 9/14
BK-in   : 8
Penalty  : 0 (OB : 0、1P : 0)
使用ボール : Pro V1(2013)⇒ KAEDE

どうにか100は叩かなかった!
で終了しました。

ドライバーは広いので概ねプレッシャーなく打っていけました。結果もソコソコとはいえますが、今日は全ショットがヒッカケ系、ドライバーもそんな感じでした。
しかし、雨のせいもありますが、飛ばない! せいぜい200Y~210Yって悲しいです。

グリーンを狙うショットは左に大曲がり、グリーンを外すと難しいコースなので自ずと厳しい局面ばかりでした。

それにしても、フェアウェイバンカーも良く聞いていました。逃げようとしても逃げ切れない。
そして、ガードバンカー!
グリーンを直接狙わないとグリーンオンは出来ない仕様。それほど厳しくバンカーがガードしていました。

グリーンは芝目もあり難しかったです。
雨の影響もなく転がりは凄く良かったです。
ホームコースの転がりよりちょっと早いかって感じで手が付けられなかった訳ではありませんでした。
違うのはグリーンのコンパクション、雨が降り出したとはいえ固めに仕上がっていました。

まあ、『実力どおりの結果』ってところでしょう。

ほぼ平坦、広々の良く整備されたきれいな林間のコースですが、ド下手には魔女が住んでいるコース。ちょっと曲げるとすぐスタイミーになってしまいます。
翻弄されまくり、歩きも手伝ってかなり疲れました。

写真も撮ってきたのですが、時間がなくて。後日反省とともにアップしようと思います。



次に訪れるのは・・・2020年の東京オリンピックのギャラリーとしてでしょうか?
競技が行なわれる東コースは現在2グリーン、フルバックからでも7,000Y弱ですが、7300Y以上に距離を伸ばし1グリーンにするそうです。

世界の一流が競うにふさわしいコースとして期待したいと思います。

今日は!

Category : ラウンド



《コース概要》
・日本を代表する名門クラブの1つで「日本で最も会員になりにくいコース」。もちろん、社団法人。
・1929年オープンの東コースと1954年オープンの西コースの36ホールの林間コース。
・過去、カナダカップ(ワールドカップ)や4度の日本OP、多くのアマチュア競技を開催。
・東コースはバンカーが131個と多く、西コースは池絡みのホールが多い。
・西コースのインはPar5が3つありPar37。井上誠一の設計だが1994年には川田太三により1グリーンに改造。2006年には日本オープンを開催。


今日訪れるのは初めての 《霞ヶ関カンツリー倶楽部 西コース》、


《コースリサーチ&戦略(めいたもの)》
◆西コース、レギュラーティでアウト3,215y、イン3,365yのトータル6,580yのPar73。
◆フェアウェイは広いがちょっと曲げるとFWバンカー、木(の枝)のハザードの餌食になる。
◆レギュラーティからはそれほど距離はなくコースレート71.3ながら、スロープレート129とアベレージレベルでの難易度は高くプレーヤーの実力が試される。(埼玉県で二番目の難易度だとか)
◆グリーンに向かってはガードバンカーが効いており、あごの高いのも多く出来るだけ避けるべきである。

◆バンカーは「砂が薄く固め」とのこと、ドルフィンウェッジではソールが跳ねることを考えて、今日のために調達した62°のロブウェッジを使おうと思うがその結果は?
◆グリーンスピードは大体9.5~10フィートくらいのようなので手が付けられない速さではなさそう。ただし、アンジュレーションもしっかりあって難しいとのこと、キャディの相性と能力も重要なポイント。
◆さほど長くないロングが多い。ミドルも含めて無理して大きなクラブ選択はせず「100Y残し・G中央狙い」を徹底する。


西コース、コースレート、スロープレートに基づけば、ハンデ的には 『92(+19)』 を叩けば負けになりますが、現在の技量からすれば困難でしょう。


加えて、今日は雨!
最低気温6℃、最高気温6℃だそうです。

折角の≪霞≫なのに、残念な人間です。

折角ですから、『嫌だ嫌だ!』のメンタルではなく、『雨を楽しむ!』の心意気で臨もうと思います。

まあ、あまり入れ込まず、『思い出作り』として楽しんでこようと思います。


でも・・・、100は叩きたくないなあ。

究極のお助けアイアン?! の結果は?

Category : 道具のこと

今朝も曇り、
これからもパッとしません。

問題は・・・明日。
結構な雨が降るようです。








さて、昨日の続き、

「究極のお助けアイアン」
と考えて入手した588 Altitudeアイアン、

一度だけなら『偶然もありえる』かも!
ってことで、二週間、延べ2日(苦笑)に渡って打ってみました。



150215_04.jpg





150215_01.jpg






ソールは
150215_02.jpg





上から見ると
150215_03.jpg




究極のお助けアイアンの形です(?)

流石にくたびれていますが#3はほぼ未使用、#4もかなり綺麗でした。




打ってみての結論は、『超・微妙!』

◆易しさ:高い
中空の低重心、深重心のユーティティ型アイアン、スイングスピードが速くない自分でも3Iが高弾道で打てます。

◆飛距離性能:高い
キチンと当たれば、キャリーで3Iが185Yくらいでしょうか。19°の3Uって感じです。
5Iで165Y、
7Iで140Y強くらい、
9Iで115Y、
PWで105Yくらい
と短いのは安定方向に振ってある感じです。
現在のエース、EPON AF-701(シャフトはNGS Mach-Line701)は5Iからなのですが、ミドルアイアンからショートアイアンはほぼ同等って感じです。

◆打感・打音
中空らしい『チィッ』という打音、打感はまあステンレスユーティティのそれって感じです。

◆方向性
真っ直ぐ打てません。
3I>4I>5I>6I>7Iの順で出球は左に、そして、左曲がりに!
8I、9I、PWは概ね狙った方向。

ロングアイアン、ヘッドターンが半端なく、気を抜くとフェイスが左を向いてインパクト。
打ち出しがやや左、そして、左に曲がっていきます。
エースUTの21°のPROCEED TOUR CONQUEST/FirExPress PROTO UT70の出球は真っ直ぐなのに・・・。

このままでは使えません。

ライ角が合わないのか???
シャフト、ヘッドの特性か???

ちょっと・・・否、かなり残念な結果です。

どうにかならないか?
ない知恵を振り絞ってみます。

究極のお助けアイアン?!

Category : 道具のこと

昨日はメチャ暖かったですが、今日も温度が上がってくるようです。
昨日からクシャミが出るのは、例のアレでしょうか?
今まで酷いことにはならなかったのですが・・・。





ノーザントラストOPの決着、昨日帰宅後録画で確認しました。
プレイオフ、ジェームスハーンが結構あっけなく勝った! って感じでした。
セルヒオガルシアを応援していたのですが、ショットがとっ散らかって・・・、
あれでは勝てない!

それにしても松山英樹、
最終日-4は凄い!
優勝のプレッシャーのない所での、ずいぶん遠いところの1打差ではありましたが。
実力は本物です。







さて、今日のテーマです。
_________________________________

ゴルフはスコアだけにあらず、特にエンジョイゴルファーは。

ゴルフ仲間に難しいブレードアイアンを嬉々として使って人がいる。

自分は到底そんなムズいクラブは使えないから「易しめ易しめ」ながらもソコソコのカッコをしている道具を中心に使ってきた(つもり)。


スコアは良いに越したことはない。

それでは!と、究極に易しい(と思われる)クラブを入手した。

◆3I~PWまで全番手ハイブリッド
いままでこの手のクラブを使っている人を見たのはただ一人、去年リタイヤした先輩、ドライバーは180Y飛べばいいほう、100を切ったのを見たこともない方。

このクラブ、巷の評価も極めて少ないし中古市場にも中々出て来ない。
売れていない? 
中々手放さない?

少ない評価は、
◆低スピンの高弾道
◆長い番手は1番手飛ぶが、短い番手はソコソコの飛距離
◆良くつかまる

前々からヤフオクにアラートを入れていたが、偶々GDOの中古クラブをチェックしていたら激安で出ているでは!
◆3I~PWの8本
◆シャフトは軽量スチールのTraction 85(S)
◆程度評価は『D』、かなり使い込まれた傷だらけの天使(?)

#5Iの仕様
◆ロフト:24° (PWは44°)
◆レングス:38.5インチ
◆重量:405g
◆バランス:D-3

そのクラブの正体は!





150215_04.jpg
Cleveland 588 Altitude アイアン


購入目的は、手放したサブアイアン(Vertex 272)の代わり。
出来るだけ易しくてスコアに直結するクラブ。

さて、その(レンジでの)結果は・・・。
(つづく)

セルヒオ、ビジェイ、共にクロウ(苦労)グリップ!

Category : ゴルフツアー雑感

未明に降っていた雨は上がりました。
予報はこれからずーっと曇りです。







ノーザントラストOPは現在最終組が12番、-7の首位に
レティーフグセン
セルヒオガルシア
ジェームスハーン
ビジェイシン
が並ぶ大混戦。
昨日はセルヒオ応援と書いたのですが、久しぶりビジェイも応援したい。
と言っている間にセルヒオ、ラフからチップインバーディで-8! 素晴らしい!

昨日、ビジェイのアプローチ、ノーマルグリップと書いたのですがしっかりクロスハンドグリップでした。
TVに映ったのは低めで足を使っていました。
自分も練習でクロスハンドでアプローチするのですが、高い球になります。
低いのも研究が必要です。

最後まで見れないのが残念です。





昨日はいつものスクール、
一昨日の2時間の自主練のお蔭か『手打ち』が酷くなっているとの事。

打った後すぐ戻して素振り、
3球連続打ち、
クロスハンド
でのアプローチで調整しました。

気を抜くと長年培った悪癖が顔を出します。
そろそろスクールも卒業か!
と考えていたのですが、無理そうです。






【昨日の風景】
昨日も太陽を見ることはなかったです。

150222_01.jpg






150222_02.jpg






150222_03.jpg

ピンが甘いですが、やっぱりデジイチのボケはコンデジと全然違います。

高いアゴと硬い砂のために

Category : 進歩と後退
早朝から小雨、今日は天気が崩れ風も強く『春一番』の予報が出ています。





TVではノーザントラストOPがOA中、
バック9ではみんな崩してきました。
狭いフェアウェイ、茎の太いキクユのラフ、砲台など高低差のあるグリーン、アンジュレーションもきつくポアナが入って読み切れない。
そんな舞台ですからベテランが上位に来ているのでしょうか?

トップはレティーフグセン、現在2打差、中々近寄ってきませんのでこのまま行くかもです。

上位の思い入れ選手は・・・2打差2位タイに上ってきたセルヒオガルシア。明日に期待です。

松山英樹は4つバーディを取ったまでは流石!でしたが、バック9の罠に嵌って3連続ボギーの-1、優勝争いにはマダマダです。

ビジェイシンが-5と上位に来ています。昨日、GOLFNETWORKではクロスハンドアプローチか?と言っていましたが、今日は普通のグリップでした。
クロスハンドアプローチ、超興味です。







さて、
昨日はレンジで2時間、しっかり打ち込みました。
テーマは二つ、

一つ目は柔らか素振りマシーン、エリート「1スピード」とドライバーを交互に使ってみることです。
1スピードをしなりを感じて素振りした後にドライバー打つと、シャフトのしなりを上手く使って飛距離と安定性がアップする。という売り文句を試してみました。

fc2_2015-02-19_08-05-41-012.jpg



使っている人の中には「ウエッジのシャフトもしなりを感じる」という感想もあるのですが、自分的には残念ながらそんな感覚は持てませんでした。
ただ、ゆったり大きく振れることもあり、その場合はスイングスピードも高く良い球が打てました。
まだまだ確率が低いのですが若干の希望も見いだせた感じです。


二つ目は今週プレイ予定のコース、かなりタフ、特にガードバンカーは深くて固いとのことです。
56°のドルフィンウェッジは開くと簡単に跳ねるので高さを出せない。
ならば、ハイロフト、ローバンスのウエッジを使ってみようと中古クラブ店をウロウロして見つけてきました。













150221_01.jpg

一番左のやつ Callaway Xウェッジ 62°
バンス角が9°とあるのでちょっと微妙ですが。

で、打ってみました。
開かなくても簡単に高い球が打てます。
溝規制前のマックダディ、開いてカット打ちをするとレンジボールが削れまくります。
簡単に高い球は打てますが、30Y・・・50Yと・・・ちょっと距離感が厳しい。
一回、二回の練習でどうにかなるものか・・・?
肝心の固いバンカーで使えるのか?
?????
がいっぱいですが、まあ、遊びのゴルフですので。








【昨日の風景】

犬の散歩、兼バードウォッチング。

150221_02.jpg





150221_05.jpg
カワラヒワ






150221_03.jpg





150221_06.jpg





150221_04.jpg





150221_07.jpg



横峯、石川、辛いスタート

Category : ゴルフツアー雑感

晴れた朝、暖かくなるようです。
日曜日は春一番の可能性もあるとか、着実に春に向かっています。














PGATOUR、ノーザントラストOPは現在プレイ中、まだ後半組が9ホール以上残していますが、
トップは-5でレティーフグセン、ビジェイシン、ニックワトニー、ダニエルサマーヘイズ、ジェイムスハーン。

松山英樹はブラントスネデカー、ダスティンジョンソンと並んで-1の16位タイ、「全てに調子が悪い」と言っていた割にスコアを作ってくるのは流石です。

石川遼、ラス前の8番で2度クリークに叩き込んでダブルパー、最終9番もボギーで+6。
初日で早々に終戦って感じです。
コメントのしようがありません。が、
『ここまでの選手』感が日に日に強くなる。

まあ、最近不調のルークドナルドも+6ですから。
だからってあまり意味はないのですが・・・。



US-LPGAはISPSハンダ女子オーストラリアオープン、
昨日初日で日本勢は上原彩子が-1で12位タイ、イーブンに宮里藍、と美香、+1に野村敏京、

横峯さくらは+4と大苦戦。
厳しい洗礼を浴びています。
うーん、辛いところです。

練習アイテム

Category : 道具のこと

昨日は雪でなくて雨で終わりました。
今日は今朝からいい天気です。







丹沢山系は雪だったようです。








最近、物欲づいて・・・。

ドライバー(TeamYoshimura RX)
エトセトラ・・・。

そして・・・勢い?で・・・ポチッたものが。


サボっていた素振りを再開しようと一番よさそうな素振り練習器を。
1500円程度あった楽天ポイントを使おうと某通販サイトで発注。


ところがこれが曲者、『2週間待ちになります』とのこと。
自慢ではないですが、購入したあまたの練習器、長続きした例なし!
今回は、手に届く前から萎え気味であります。

Eliteグリップ 1SPEED
倉本昌弘推薦!


そして、昨日届きました。






これで素振りをすると、スチールシャフトでも『しなり』が感じられるそうです。

続けられるか・・・超疑問です。


そう言えば、昨日のPGATOUR関連で石川遼の記事、
『Ryo Ishikawa Crazy Practice Drill』、
キャップのつばにハンガーのようなものを付けてショットや、
DSTコンプレッサーというシャフトが湾曲したアイアン
で練習する姿を紹介していました。

Crazyはキチガイではなく『変な』とか、『妙な』とかの意味なのでしょうが、そんな所に話題が向くのではなく成績で話題になって貰いたいものです。

でも、DSTコンプレッサー、チョッと良さげです。




持てる者の悩み?

Category : ゴルフツアー雑感

曇っていますが、都心ではこれから雨、夕方に雪の予報です。
多摩地区は・・・都心の雨が雪、夜半にはあがってくるそうです。
積もったら、車を置いて帰ってくるしかない!








最近のゴルフ関係のニュース、

日本ゴルフ殿堂に故杉原輝夫氏や岡本綾子氏などが受賞したとのこと、
岡本綾子氏は原因不明の目まいがひどく自宅療養中だそうです。
往年の岡本さんのプレイは力強い中にしなやかなスイングで好きな選手でした。
早い復調をお祈りします。

殿堂の一人に陳清波氏、 
氏が松山英樹をマスターズ制覇に向いており-20も可能と太鼓判!
との記事も。

一方で、アメリカ人の見方として、サービス精神に欠け、愛想が悪く気の利いたこともいわず「気味の悪い選手」という記事も。
確かにアウエィでの戦い、アメリカ人としてみたら自国の選手が強くなければ面白くない。
松山をはじめとしたグローバルな選手が大勝でもしたらUS-LPGAの二の舞になるのでしょう。

そんな感じですから、ただ強ければいい!
だけでなく「愛される選手」になることも強い条件のひとつなのでしょう。

インターナショナル選手、簡単ではありません。


プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる