FC2ブログ

ゴルフ的私的空間

スポーツ音痴の中途半端人間、そしてゴルフ、そして鳥見にはまる! 成長と退化との戦いを綴る

ゴルフルール、2019年から100年に一度の大変更!

今季一番の寒さ、酸ヶ湯では4cmの積雪だそうです。
関東は今日もいい天気のようです。



コスモスももう終わりでしょうか!?

201810278b_03.jpg




さて、
2019年からゴルフのルールが大幅に変更になります。
長文ですがJGAの資料を基に自分的備忘録として貼り付けます。

1. 委員会は行動規範を作ることができる
 委員会はエチケットやゴルフゲームの精神に反する行為をしたプレーヤーに失格以外の罰、例えば 1 打や 2 打の罰を課す行動規範を独自に作ることができる。
 ⇒スロープレイだとかドレスコード違反だとかにペナルティ? ドレスコード違反にペナはないか。

2. 5つのコースエリア
 コースは 5 つのコースエリアに分けられ、その名称が変わるものがある。
 ①ティーインググラウンド ⇒ ティーイングエリア
 ②スルーザグリーン ⇒ ジェネラルエリア
 ③バンカー (変わらず)
 ④ウォーターハザード ⇒ ペナルティエリア
 ⑤パッティンググリーン (変わらず)
 ⇒だからどうなの? って感じではありますが・・・。

3. 距離計測機器の使用が可能
 距離計測機器の使用が認められ、2 点間の距離を計測することができる。しかし、高低差、風向きなどの計測器は不可。
 ⇒「委員会はローカルルールで距離計測機器の使用を禁止することができる」とのことですが、わざわざ禁止にはしないでしょう。

4. 球の捜索時間が 3 分
 5 分から 3 分に短縮!
 ⇒自分の場合、すぐ諦めています。プロは5分と言って、7・8分は探しているので来年からは実際に5分くらいになるでしょう。とTV解説のプロがいっていました。不届き千万!。

5. スタンスをとった後、キャディーが後方に立つことは不可
 ⇒女子プロで見慣れた光景がなくなります。やったら、すぐに離れても2ペナだとか。

6. ドロップは膝の高さから
 ⇒ペナルティエリアに転がり込んで再ドロップの手間などを少なくするそうですが、良いライに止められる機会も増えそうです。

7. 2 度打ちOK
 ⇒2 度打ちの 1 罰がフリーに。あくまでも偶然、不可抗力の場合でリフティングモドキハ当然ダメですね!

8. ストロークした球が自分に当たっても罰なし
 ストロークした球が偶然にプレーヤー自身、自分のキャディーや用具に当たってしまっても罰なし。
 ⇒先に行ったカートに当たって2打罰の経験があります。

9. 救済を受けるとき、マーカーに告げる必要がなくなった
 プレーヤーの誠実さを信頼する「ゲームの原則の尊重」だそうです。暫定球の宣言およびプレーする場合は従来どおり宣言が必要。

10. 救済を受けるときは、いつでも球を取り替えることができる
 現在は無罰の救済時はNGでしたが、今度は罰あり、罰なしに関係なく救済規則に基づいて拾い上げた球は別球に取り替えることができる。

11. バンカーのルースインペディメントを取り除くことが可能
 木の葉、石などの自然物( ルースインペディメント)を無罰で取り除くことが可能。
 ⇒「ゴルフ侍」での飯合肇事件は無くなるわけですね。

12. バンカーで 2 罰打でバンカー外にドロップ可能
 アンプレヤブルの追加の選択肢として、2 打で罰を加えれば、球とホールの後方延長線上にドロップすることができる。
 ⇒絶壁バンカーや「右足下がりの目玉」で使うかも知れませんね。

13. ウォーターハザードはペナルティエリアという新しい概念に
 現在のウォーターハザードだけでなく、ブッシュや崖、球を見つけることや打つことが困難な雑木林などをペナルティエリアとして設定することが可能。救済処置は原則として現在のラテラル・ウォーターハザードと同様だが、対岸の処置を使うことはできない。
 ⇒赤杭(線)、黄色杭(線)が無くなり統一されるんでしょうか?
 ⇒調べたのですが、イエローペナルティエリアとレッドペナルティエリアがあって、ブッシュなどはレッドペナルティアリアで示されるようです。

14. ペナルティエリアではクラブを地面につけることが可能
 ペナルティエリアの球をあるがままにプレーする場合、クラブを地面につけること、ルースインペディメントを取り除くことが可能。
 ⇒水場でも水面につけて良いんですよね!昔の金子柱憲事件もこれで無くなる!

15. キャディーはパッティンググリーンの球をマークして拾い上げることができる。
 ⇒プライベートラウンドではキャディーが勝手にマークして、拭いて・・・、正式にOKになったのですね(現在はプレーヤーの承認が必要)。

16. グリーン上で旗竿を立てたままパットすることができる
 ⇒このルール変更はいいですね。ホールが見えないのにやせ我慢して打っていたケースが何回かあります。

17. パッティンググリーン上のプレーの線に触れただけでは無罰
 例えば、キャディーさんがねらい目を指で触ることも違反ではなくなる。しかし、ライの改善は2 打罰。

18. パッティンググリーン上の損傷箇所を修復できる
 ボールマーク以外、スパイクマークなどの損傷箇所の修復が可能となった。

19. 救済エリアを計測するクラブはパター以外の最も長いクラブだけ
 ⇒通常はドライバーでしょう。でも、毎回ドライバーを持ってくるのはアマチュアの場合たいへんなような気がします。
 ※ドロップエリアをきめる長さ(レングス)について、無罰の場合は20インチ(約50cm)、ペナルティを払う場合は80インチ(約1m)、その際のドロップの高さの制限はない。という情報もあります。
  前述した「腰の高さからのドロップ」との使い分けが良く分かりません。これはもうちょっと調べていきます。

  ↑どうやらこれは2017年に出された案で、取り消されたようです。

20. 球を動かしたことの罰の免除
 次の場合に球を動かしたことの罰が免除される。
 ①球を捜しているときに自分の球を動かした場合
  ⇒蹴ったり踏んづけたり・・・、したことはないですが。
 ②パッティンググリーン上で偶然に球を動かした場合
  ⇒パターで間違えてボールが動かしても救済されるようです。
 ③規則に基づいて球をマークする、拾い上げる、リプレースするときに球を動かしてしまった場合

21.その他
 ローカルルールで定める前提で、公式競技を除いてOBまたはロストボールの場合、2打罰を加え、OBとなった場所の近く(ホール近づかない前提)にドロップしてプレイすることができる。
 ⇒プライベートのラウンドでたまにやっているやつですね。かなりグリーンに近づいてドロップする人も、人間性が良く出ます(あまり人のことを言えませんが・・・)。



この改正でスコアが良くなるか? プレイファストにつながるか?

あまり変わらない気がします。
一人ひとりの認識(スコア改善に向けた意識やプレイファストへの問題意識)が変わらなければ、何も変わらないような。

   
  1. 2018/10/31(水) 07:25:16|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

残念な不届き者!


冬型、日中はポカポカですが、朝晩は冷えます。
日本海側、北の地はいよいよ厳しい季節ですね。




岡山県備前市にある国宝・旧閑谷学校講堂、
柱や壁にカタカナで「ヒデキ」「マユミ」などの落書き、
警察が文化財保護法違反の容疑で捜査とのこと、馬鹿な奴は見つけて懲らしめて貰いたいですね。

犯人の「ヒデキ」、「マユミ」はドキドキものでしょうが・・・。





【10月28日(日)のカット】

河原でカワウの大群にビックリした後、ちょっと山の方に寄ってみました。
5mくらい近くの藪で動くものが・・・。




201810278b_01.jpg
ほぼノントリ!



201810278b_02.jpg




ちょっと離れて

201810278b_04.jpg



201810278b_05.jpg


コジュケイ (Wikipediaから)

生態
基亜種は標高1,000メートル以下、亜種テッケイは標高300-1,200メートルの草原、森林、竹林、農耕地などに生息する。秋季から翌年の春季にかけて小規模な群れを形成する。身体に似合わぬ大きな声で鳴き、それが「チョットコイ、チョットコイ」と聞こえることから、「警官鳥」と俗称されることがあった。
食性は雑食で、種子、果実、昆虫、クモなどを食べる。
繁殖形態は卵生。年に2回繁殖する。4-6月で地面の窪みに枯れ草を敷いた巣に、7-8個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は17-19日。雛は孵化直後に巣立つ。雌雄共に育雛を行う。生後1年で成熟する。

人間との関係
日本にはペットとして移入された。狩猟用に基亜種が1919年に東京都や神奈川県で(1915年には既に脱走していたとされる)、亜種テッケイが1933年に埼玉県や兵庫県で放鳥された。


外来種なのですね。
5~6羽の群れで採食していました。
  1. 2018/10/30(火) 06:40:35|
  2. 徒然なるまま
  3. | コメント:0

サンダーシャフレ、木下裕太、そして、キャメロンチャンプ!


早朝の外気温8℃、今季一番の冷え込みのようです。
日中はいい天気のようですが・・・。




昨日のゴルフツアー、14時半から17時まで録画で一気チェック、ちょっと臨場感に欠けますが・・・。

まず、WGC-HSBC選手権、サンダーシャフレは個人的優勝期待の一人でしたがその通りになりました。
母親が日本育ちの台湾人の178cm、喜怒哀楽の表情を変えない静かな選手です。
終盤17番のショートで10~15cmに付けてバーディ、トニーフィナウと並びました。
残りはバーディマストの18番ロング、
あろうことか、NHK-BS1ここで終わってしまいました!
何ともやりきれない!
結果はNETでチェック、18番は二人ともバーディ、プレイオフでサンダーシャフレ第1ホールでタップインバーディで勝利!
だったようです。
トニーフィナウには申し訳ないですが、応援のし甲斐がありました。

松山英樹は最後まで調子が悪いようで、来週の三井住友VISA太平洋で鬱憤を晴らすようです。
小平智、バック9で大荒れ、上り4ホールで4-バー、こちらも機嫌が悪いインタビューでした。
池田、稲森・・・、言うことはありません。



日本男子のマイナビABCも熱戦、川村昌弘が上り4ホールを-4と強烈な追い上げ、
首位を堅持していた木下裕太の18番、ティショットを左に曲げて厳しいライ、レイアップで3オン、
川村は2オンでバーディは確実!
ここで放送終了!
ここも酷い終わり方でした。
結果はその後の女子の試合で結果の報告がありましたが・・・。
まあ、どうやら「苦労人」、
木下裕太がプレイオフ1ホールで2オンのイージーバーディで勝利!
これはこれで良かったですが、放送は最悪でした。



日本女子は樋口久子三菱電機、
ささきしょうこが黄金世代を蹴散らして勝利、三ヶ島かなも小祝さくらも早く勝たないと・・・、
柏原明日香のように勝てなく埋没してしまう心配が・・・。



そして今朝、
PGATOURのもう一つ、強豪のいないサンダーソンファーム選手権、
たった今終了、キャメロンチャンプが4打差逃げ切り優勝、今シーズンからレギュラーツアー入りの新鋭です。
飛距離ランキング4位の飛ばしやですが、この人も静かな物腰、
期待の若者が誕生!
って感じです。
これからの成長に期待したいと思います。






【昨日のカット】

早朝、河原を散歩してきました。
川鵜の大群の来襲、
「ヨシノボリ」が沢山いる川ですが、ちょっと・・・、かなり脅威を感じました。


201810278_01.jpg



201810278_02.jpg



201810278_03.jpg



201810278_07.jpg



201810278_04.jpg



201810278_06.jpg



201810278_05.jpg

   
  1. 2018/10/29(月) 06:50:11|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前半は良かったのですが・・・。

いい天気の一日のようです。
でも、気圧配置は西高東低、冬型の気配とのことで日本海側はいよいよ冬の気配なのでしょう。




WGC-HSBC選手権、トニーフィナウが上り3ホールバーディで盛り返し、ジャスティンローズが上り2ホールで池ポチャ、フィナウ3打差で最終日です。
傾斜のきついマウンドで池が絡むホール、スリリングなコースですね。
松山英樹も池の餌食で5つ落として仏頂面のインタビューは仕方ないですか!


マイナビABCは木下裕太とHWリューが2打差-12でトップ、池田勇太とジュニアスクールで一緒に腕を磨いていたときは『チビユータ』と呼ばれていたとか。
172cm、今年はシードを決めているそうです。
日本人選手、小粒の選手が目につきます。大型選手は「野球」に行ってしまうのでしょうか?


樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントは三ヶ島かなが引き続き-10、2打差トップ、やっと勝てるのか?
-8のイーチヒ、-7のイミニョンが不気味ですが。





さて、昨日はラウンドしてきました。

朝方は雨、午前中には上がって晴れてくる予報でしたが8時20分のスタート時は弱い霧雨、すぐに上がって影響はほぼゼロでした。
その後晴れて・・・、暑かったです。





雨上がり、都心方面が見えていました。
東京タワーも。

20181027_03.jpg





2018年第26R (2018年10月27日(土))
コース : ホーム
ティ  : レギュラー
グリーンスピード : 速い
コンディション  天気:小雨~曇り~晴れ  風:弱~中  気温:16℃~24℃
使用ボール : TP5X



【前半】

◇No.1 448Y P.5 ―(1)
 1W:FW右、U24°:FW右、(上り95Y)PW:G左奥、(10Y)PT:P手前1m、1PT パー

◇No.2 149Y P.3 ―(2)
20181027_Noa02.jpg
 6I:P右6m、2PT パー

◇No.3 317Y P.4 △(2)
 1W:左R、(125Y)8I:G右手前,、(16Y)PT:ヘッドアップ!P手前8m、2PT ボギー!

◇No.4 262Y P.4 □(2)
 1W:低い!池も水切りで池を超えたラフ(75Y)52°:トップ!G右BK、(20Y)58°:出ただけ、(12Y)PT:P左奥1.5m、2PT ダブルボギー!!
※折角池を逃れたのに・・・、後がいけない!

◇No.5 141Y P.3 △(2)
 7I:G左奥R、(20Y)52°:P手前7m、2PT ボギー!

◇No.6 525Y P.5 ―(1)
 1W:トップ気味もFW中、3W:FW右、(138Y)7I:G右手前、(20Y)52°:P右奥1.5m、1PT パー

◇No.7 412Y P.4 ―(1)
 1W:トップ気味もFW中、5W:FW中、(175Y)7I:P左奥3m、フックラインが決まった!1PT パー!
 3rdショットG右端からのドローボールが思い通り!しかも3mが入ってパーは会心!

◇No.8 344Y P.4 △(2)
 1W:FW中、(ややフォロー、158Y)6I:G右手前BK、(25Y)58°:P手前7m、2パット ボギー!

◇No.9 427Y P.4 〇(0)
 1W:右R、(138Y)7I:G手前カラー、(15Y)PT:少し強めもラインに乗った!チップイン バーディ

前半は40ストローク(+4)、13パット。






20181027_04.jpg






【後半】

◇No.10 366Y P.4 △(2)
 1W:FW左、(上り165Y)5W:G右横、(18Y)52°:P右手前3m、2PT ボギー!

◇No.11 139Y P.3 △(1)
 (128Y)8I:コスリ!G右手前BK、(25Y)58°:G右手前、(12Y)9I:P左0.3m、1PT ボギー!

◇No.12 344Y P.4 ―(2)
 1W:FW中、(122Y)9I:P右手前13m、2PT パー

◇No.13 377Y P.4 △(2)
 1W:FW右、(150Y)6I:G手前、(17Y)9I:P左1.5m、2PT ボギー

◇No.14 149Y P.3 △(2)
 6I:右サブG、(20Y)U21°で転がし下ろす:P右手前2m、2PT ボギー

◇No.15 481Y P.5 ―(1)
20181027_Nob06.jpg
 1W:右FWバンカー、PWでレイアップ:FW中、(150Y)U24°:正面の木の枝に当りG手前、(35Y)52°:P手前0.2m、1PT パー

◇No.16 323Y P.4 □(3)
 1W:トップ気味もFW中、(上り145Y)6I:G右、(12Y)52°:トップ!P左5m1stPTは1.5mオーバー!3PT ダブルボギー!!
20181027_Nob07.jpg
グリーンサイドから

◇No.17 574Y P.5 □(1)
 1W:FW右、3W:FW中、(厳しい上りの165Y)3W:トップ!FW中、(50Y)58°:ダフリ!G手前、(砲台下25Y)52°:G右奥カラー、(6Y)PT:P手前0.4m、1PT ダブルボギー!!

◇No.18 301Y P.4 ―(2)
20181027_Nob09.jpg
 1W:FW左、(60Y)58°:P手前7m、2PT パー

後半は44ストローク(+8)、16パット。

トータル84ストローク(+12)、29パットでした。

2018102800110527a.jpg

前半は久々のナイスラウンドでした。
後半も自分的にはそれ程悪くはなかったのですが、前半の勢いはなかったです。
16番の3パット、17番のアプローチのダフリ!連続ダボが痛かったです。
ドライバー、前半低いボール連発でしたが後半は力が抜けて振れてきた感じでしたがスコアになりませんでした。
まあ、そんなもんなんでしょう。

来週はお休み、
左手親指の付け根の痛み、腰の痛みも・・・。
養生しときます。



   
  1. 2018/10/28(日) 06:50:25|
  2. ラウンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ケプカが心配です。


個人的には恨みの雨・・・、
雨の朝です。



昨日のゴルフツアー、

WGC-HSBC選手権2日目、トニーフィナウが5つ伸ばし-11は3打差トップ、
-8にパトリックリードとジャスティンローズ、トミーフリードウッド。
松山英樹は-2、小平智は+1、池田勇太は+5、日本OPチャンプの稲森佑樹はブービーで+12とヤレヤレのスコアです。
心配なのは+2でホールアウトしたブルックスケプカ、途中で肩と背中を痛めて足を引きずったりとかストレッチをしていたとか。
11月15日からのダンロップフェニックス、欠場したら興味半減ですから。
ダスティンジョン+3、ローリーマキロイ+5とダメグループに沈んでいます。



日本はマイナビABC、32歳の木下裕太がブレンダンジョーンズを1打抑え-11でトップ。
ALBAの見出しは『石川遼は首位と9打差28位Tで決勝進出』と何とも!





女子は樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントは
『三ヶ島かなが今季2度目の単独首位発進』の見出し、そろそろ勝ってもいいでしょう。
2打差-3に黄金世代と2名の高校生!
女子プロの世界は凄い!



あと、「ティーチングプロ選手権」だとか、「スインギング・スカーツLPGA台湾選手権」だとか、「サンダーソンファーム選手権」だとかありますが・・・。

今日はそんなところで。



さて、今日はどうするか?


   
  1. 2018/10/27(土) 05:37:57|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HSBC選手権、WR上位の欠場が多いですね


曇っていますがこれから晴れてくるようです。

20181026081233467.jpg




20181026081234f86.jpg






昨日の日経平均は822円安!
今朝引けたニューヨークダウは401ドル高!

いい加減にせいよ!
ってとこです。





さて、ゴルフツアー、
WGC-HSBC選手権は-8でパトリックリードがトップです。

そのWGC-HSBC選手権初日とワールドランキングの関係ですが、ワールドランキング上位の選手、ジャスティンローズを除いてあまりパッとしません。

しかし、WGCなのにかなり欠場している。
やはりアジアンシリーズは選手には不人気なんでしょう。

1  E  ブルックス ケプカ 
2  +2  ダスティン ジョンソン
3  -3  ジャスティン ローズ
4 【欠】 ジャスティン トーマス
5  E  ロリー マキロイ
6 【欠】 フランチェスコ モリナリ
7 【欠】 ブライソン デシャンボー
8  +1  ジョン ラーム 
9 【欠】 リッキー ファウラー
10  -1  ジェイソン デイ
11 【欠】 ジョーダン スピース
12  -4  トミー フリートウッド
13 【欠】 タイガー ウッズ
14 【欠】 バッバ ワトソン
15  -8  パトリック リード

来年は、
CJカップ(韓国)
ZOZOカップ(日本)
WGC-HSBC(中国)
のようですが、タイガー、ファウラー、スピースには日本上陸をお願いしたいものです。

ZOZOが5憶だしてタイガー・松山のマッチプレイをおこなうって話もありますが、日程的にもどうなんでしょうか?


日本人選手、松山英樹、小平智はイーブン、稲森+2、池田+3 。
稲森佑樹、-2の状況はチェックしていたのですが、そのあとダボ2発は残念!




日本男子はマイナビABC、
-7のトップに小木曽 喬、-6に木下 裕太と続いています。
申し訳ないがよく知らない選手です。
新陳代謝は結構なことですが・・・。

   
  1. 2018/10/26(金) 06:17:42|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よもやまチックに

今朝は少し雲が出ていますが10がつらしい陽気、日中は晴れてくるようです。

20181025082022196.jpg



20181025082019861.jpg

『実り』を見ると秋を感じます。





20181025082024e8f.jpg






またまたお金の話、
ニューヨークダウ、600ドル越えの下落、いよいよ調整局面との声も!
どうなることやら? ってとこです。

お金と言えば、アメリカの6つの数字を選ぶ宝くじ「メガミリオンズ(Mega Millions)」、
サウスカロライナ州で購入されたくじ券1枚が当選、1700憶円だそうです。
まだ名乗り出ていないそうで、こっちもどうなることやら?





さて、今日から上海でWGC、HSBC選手権、
松山英樹はパワーランキングで14位になっていますが、本人の弁では、
「なかなか思うようなショットが打てない。球が真っすぐ行っても、ヘッドの入りか、(スイング)軌道が悪いのか分からないですけど、思った距離感を出せていない」
とのこと、
本人の「調子が悪い」発言で、「結果が違うケース」が多いので何とも言えませんが・・・。

小平、池田、稲森の日本勢、下の方にへばりつかないよう願うところです。

個人的な期待はダスティンジョンソンとサンダーシャフレでしょうか?

    
  1. 2018/10/25(木) 06:18:47|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本株急落とカワセミちゃん


昨日までは雨の予報だったのですが曇りに変わりました。
雲が厚い分それ程寒くはない感じです。



中国経済の低迷、イタリア財政危機、アメリカ貿易摩擦、サウジ・トルコ問題・・・、
短期筋の売りで日本株500円以上の下落、
一喜一憂しても仕方ないですが、投機的な動きは困ったもんです。

US株、来年は調整局面か!?
とか言われています。
いよいよ店仕舞いかなぁ。





【12月21日(火)のカット】

カワセミを見たくて回った二か所目、ネオ一眼(超望遠コンデジ)を首からぶら下げた三名のシニア(ジ〇イ)集団と遭遇しました。
中に入れていただき少し雑談、
80歳を超えたリタイアの方々、毎日歩いてこのポイントに誰とはなく集まるそうです。
「昔は大きなレンズで撮っていたりしてけど、重くてね」
ということで、ネオ一眼になったそうです。

自分も中に入れてもらおうか?
かなりの年齢差、ちょっとね!
って感じです。

そうして雑談を小一時間、遠くに出てきてくれました。
ちょっとアングルがわるいことと、遠いこと、日陰で条件が良くなかったですが、飛びも捉えることができ少し満足できました。


20181021_08.jpg




20181021_09.jpg




20181021_10.jpg




20181021_11.jpg




20181021_12.jpg




20181021_13.jpg



20181021_14.jpg



20181021_15.jpg



20181021_16.jpg



20181021_17.jpg



  1. 2018/10/24(水) 06:28:59|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柔らかいボールとスマホの写真


今朝も放射冷却、冷たい朝です。
日中は晴れ、夕方には降ってくるようです。




先週土曜日のラウンドで使用したボールが右側のキャロウェイのスーパーソフト 、
そして、1ホールだけ使ってみたのが左側のスリクソンのAD333。

20181023_02.jpg 
(かなりバッチイ・・・)

スーパーソフト、
ロストすることなく1ラウンド使い切った感想ですが、
・曲がりづらい
・打感はかなり柔らかい
・飛距離は「劇飛び」という感じではなく「まあまあ」の飛び具合か?
・スピン性能は意外とあった
・コントロール感は・・・語れず!


1ホールだけ使ったAD333、古くからの定番ボールですがスーパーソフトと比べると、
・ショット・パットともにさらに柔らかい感じ
・飛距離もスピン性能もあまり変わらない
いい感じのボールでした。


ヘタレアマチュアがラウンドするコースの殆どはコンパクションが低く、ボールマークがしっかりつくグリーン、上から落とせばちゃんと止まる。
身の丈に会わないスピン系のウレタンカバーボールでなくてこの辺の中庸的なボールで十分な感じがしました。






日曜日、ちょっと鳥見、
その帰りに真っ白な富士山を見つけました。

写真に撮りたかったのですが持っていった一眼レフは望遠の単焦点、
ならばと「スマホ」と「タブレット」で撮り比べをしてみました。


ちなみにスマホは3年前のEXPERIA Z5 (落としてボロボロ・・・)、
タブレットは去年のドコモのタブレット、D-01Jです。

20181023_01.jpg



D-01J かなり汚い。800万画素だから仕方がないか・・・。

20181021_20.jpg



EXPERIA Z5 (Premium) 2,300万画素ですから全然違う!

20181021_21.jpg



最新のiphoneやハイエンドのAndroidはさらに進化してキレイなんでしょう。
最近のスマホには、レンズを複数持って対象の距離を計測して前後を電子的にボケさせる技を使えるとか。
進んでいます。
コンデジ、売れない訳です。




ちなみに、一眼レフの単焦点の望遠では、これが限界でした。

20181021_18.jpg






以上、自己満足だけの投稿でした。


    
  1. 2018/10/23(火) 06:48:25|
  2. 徒然なるまま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴルフツアー雑感、ブルックスケプカ強い!


今朝は放射冷却で寒いですが、
日中は良い陽気となるようです。



さて、ツアー雑感、

ブリヂストンオープンは、
今平周吾、上り3ホールを連続バーディ、
一方、2打差トップで入った川村昌弘、パー・ボギー・バーディで一気に逆転でした。
今平周吾、婚約者と同時インタビューも含め「お見事!」と言っておきましょう。



NOBUTA GROUP マスターズGCレディースはヨタヨタしながらもアン・ソンジュが勝利しました。

残念なのは松田鈴英、1打差まで迫ったのは良かったのですがその後、特に上り3ホールで3オーバー!
自ら勝利への道をアン・ソンジュに開けて行った展開でした。

延田グループってパチンコが主産業なんですね
それ以上はノーコメントですが、男子ツアーのBSオープンよりも優勝賞金が上、ちょっと強気な感じが個人的に鼻につく原英莉花、4位タイに入り900万円をゲット!
一気にシード権内に入って、ほぼ確定させました。



PGATOURのザ・CJカップ@ナインブリッジ、連日の風が弱いコンディションでビックスコア連発!
ゲーリーウッドランドが16までに9ストローク伸ばし、伸び悩んでいたブルックスケプカに並ぶ、でもそこからケプカが爆発!
何もない!ような表情で、上り4ホールを4アンダーで突き放し結局は4打差の優勝でした。

こちらの優勝賞金は171万ドル!1億9千万円近くです。
-8で18位タイの松山英樹で1400万円!桁違いですが、日本で興行できるのはZOZOくらいのものでしょう!
しかし、ケプカ強い!これでワールドランキングトップです。

松山英樹、マダマダ全開ではないようでインタビューでも微妙な発言でした。
今週のWGC HSBC選手権、日本からも大挙して参戦ですが、ケプカ、Dジョンソン、Jローズ、Rマキロイなど有力どころが参戦です。
少しは食らいついて貰いたい!





【昨日のカット】

カワセミを見たくて朝早く出かけてみました。
7時から10までいましたが、完全空振り。

代わって出てきたのがエナガの群れ、木から木へ素早く移動していきました。

20181021_01.jpg



20181021_02.jpg



20181021_03.jpg



20181021_04.jpg


まっすぐ帰宅しようと思ったのですが、もう一か所寄ってみました。



20181021_05.jpg



20181021_06.jpg



20181021_07.jpg



続きます。

  1. 2018/10/22(月) 06:47:41|
  2. ゴルフツアー雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年オヤジ⇒只のジジイに変化
多摩の地に暮らす

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラウンド (524)
道具のこと (208)
進歩と後退 (188)
ゴルフツアー雑感 (1305)
徒然なるまま (770)
GDO移行 その他 (1)
GDO移行 PDCA (2)
プチ登山 (56)
物欲日誌 (24)
書評 (52)
風景 (81)
お酒のこと (21)
BIRD (111)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる