今週から2014-2015シーズン

Category : ゴルフツアー雑感
昨晩の皆既月食、ピーク時は雲の中でした。
八時過ぎに雲の切れ間から。
急いで三脚立てて撮った一枚。
200mm望遠、絞り全開6.3、シャッター速度1秒、やはり大した写真は撮れませんでした。
141009_01.jpg

まあ、見られただけ良しとします。



 
さて、
US-PGATOURツアーを追っかけていると一年が早い!
あっという間に新しいシーズンがやってきます。


新シーズンの初戦はFrys.com、主な参加選手は、
09 (02) マット・クーチャー
19 (01) ジミー・ウォーカー
20 (04) 松山英樹
22 (07) ハンター・メイハン
26 (--) パトリック・リード
38 (--) グラハム・デレット
41 (05) ブラント・スネデカー

左の数字がワールドランキング(WR)、()内がパワーランキング(PR)です。

松山英樹のWR20位、PR4位は凄い!
この1年で完全にトッププレイヤーに成長しました。
本人のターゲットはメジャーに何勝も!でしょうから、WRの目標は5位以内くらいなのでしょうか?
日本人としては、錦織か松山か! のレベルで期待したいところです。

ただ、私個人としてはどうしても、あまり好きになれない。
こればかりは好き嫌いの世界ですから、どうしようもないことです。
まあ、そんな私のイメージを・・・力でねじ伏せてギャフンと言わせてくれる存在かも分かりません。


もう一人のお方、石川遼、
こちらは新シーズンかなり苦戦するのではないでしょうか?
2013-2014シーズンでは序盤で稼いで早々にシードの目処をつけたのですが、先月の日本ツアーでの内容を見ると、出だしでのスパートはあまり期待できない感じです。
まあ、これからの年内の4試合(?)で凡その見当はつくでしょう。

若手に多いパワーゲームでコースをねじ伏せていくか、ルーク・ドナルドやジム・フューリックのように飛距離は捨てても安定とセオリー重視、ショートゲームを光らせて勝ち抜くか!
そろそろ後者の方向で自分のスタイルを確立する時期に来ているといえるのではないでしょうか?
ただ、US-PGAツアーに石川遼レベルは掃いて棄てるほど存在しているわけで、どちらの方向でも相当秀でないと埋没してしまいそうです。

そう考えると松山英樹の凄さが改めて感じさせられます。

Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる