デイブ・ストックトンの教え

Category : 進歩と後退
うす曇り、寒さはそれほどでもないです。
日中は暖かくなるようです。




あっという間に晴れてきました。





GOLFNETWORKでPGATOUR初戦のFRYS.comオープンを観戦しましたが、ジョナサン・ベガスがデイブ・ストックトンにパターを教わっているとか、
そこで話題にしていたのが、

ホールのどの位置からカップインするか具体的にイメージする

というものでした。
たとえば、フックラインの場合は時計の4時の位置から、スライスラインは7時の位置からカップインさせる。
カップというターゲットをさらに絞り込んでイメージを具体化・詳細化させるということらしい。


なるほど!
次のラウンドでやってみよう。
ちなみに、今シーズンのツアーカードを落としたジョナサンベガスは10位タイで終了、これで次戦も出られる?


あと、パッティングでデイブ・ストックトンが提唱していること。
(1) ボールの位置は利き目の下
(2) フォローは低く長く
(3) フォワードプレスを推奨
他にもあるようですが・・・。

Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる