真陵 一味の真 をいただく

Category : 徒然なるまま
昨夜の雷雨は早々に上がって、
朝から晴れています。
今日から暖かくなるようです。


10260329_02.jpg




10260329_03.jpg




10260329_01.jpg




今冬の収穫(失敗?)は日本酒の、
フレッシュな『生酒』の美味しさを知ったことでしょうか?

今まで日本酒は『基地外(2ch風)水』ということで、飲めば『意識朦朧』コースの恐怖だけでした。

ところが、『生原酒』の瑞々しさに加えた力強さを味わってから、
日本酒の美味しさを感じ取った次第です。

(本当の日本酒ファンはもっと次元が違うのはご勘弁)

と、いうことで今回のお酒は・・・、

近所の「ちょっとうるさい酒屋」にあった一品。

20160327_酒1


20160327_酒2

佐渡の一番小さな酒蔵、逸見酒造の『一味の真』。

酒米は五百万石、
醸造アルコールが入っている、『特別本醸造』です。

香りはフルーティ、
「ピリッ」とした舌触りはなく、芳醇な香りとちょっと甘めのマイルドな飲み心地でした。
のど越しの良さは・・・普通か。

ところで、最近の『醸造アルコール』は、
 酒の質を安定させる
 香りを良くする
というのを簡単(?)に達成するために用いられているとのことです。

コストパフォーマンスを求める庶民にはこれでいいか!

税込みで2K円強、これで4日はいただけます。

でも、早く飲まないと味が・・・、

マイルド・・・、別名、「府抜け」てきます。

Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる