全米プロの結末

Category : ゴルフツアー雑感
昨夜は寝苦しく寝付けずにエアコン入れました。
そのおかげで今朝は喉が痛い。

今朝も大気が不安定、ザーッと強い雨が降ってきました。

jpeg.jpg





さて、
昨日帰宅して撮り置きの全米プロをチェックしました。

昨日、自宅を出るまぎわ、
TBSのアナウンサーが「松山英樹、優勝争いを演じました!」ってのたもうていましたが、

ちょっと違うわい!

サンディバック9、優勝したジミーウォーカーとの差は最接近でも4打差、これで「優勝争い」と言えるのでしょうか?

「優勝争い」と言えば、ジャイソンデイでしょう!
ジミーウォーカーの一つ前の組、3打差で迎えた最終18番のロング、アイアン、アイアンで2オン。
ピン左4m(?)のイーグルパットを執念でねじ込んで1打差でホールアウト!
まさにワールドランキングNo.1の所業でした。

それにビビった訳でもないのでしょうがジミーウォーカー、
18番ティショットはアイアンでアイアンでフェアウェイ、その次の残り260Yをウッドを持ったがグリーン右のラフ。
ショートサイドのバンカー越え、
これをピン左8mくらいに乗せて2パットのパーでメジャー初優勝の栄冠に輝きました。

凄いなあ!
と思ったのはパッティングの強気。
優に1mはオーバーしてくる。
最後のパットも1m強をねじ込んでの1打差優勝でした。

一方、松山英樹、
ショットは誰よりも完璧な感じでした。
しかし、パターがイケない!
数あったバーディチャンス、
昨日の池田勇太だったら後、5つ6つはバーディを取っていた。
だったら、本当の優勝争いだ!

まあ、タラレバのお話ですが・・・。
それほどショットは光ってましたが、パットは腐っていました。
それでも4位タイなのですが・・・。

そう考えれば凄い選手なのですが!

Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる