石川遼は義経、松山英樹は頼朝ならぬ怪物でした!

Category : ゴルフツアー雑感

今日もいい天気です。

昨日は快晴微風の中、日本オープン@狭山カントリークラブ観戦 でした。


青梅線の小作駅からギャラリーバスに乗って、
コースに着いたのが9時、後にしたのが16時ですから7時間、
活動量計では18,000歩弱と結構歩きました。
(昨夜は8時間しっかり寝て、それでも今朝は倦怠感満杯です)


161015_01.jpg

コース内撮影禁止
なので写真はこれだけ!



きれいに揃えられた大きな赤松がコースをセパレートするフラットな、きれいな林間コース、
コース幅は広めですが、フェアウェイはラフで絞っており、
そのラフが半端ないくらいえげつない!

グリーンも13.5フィートと半端ないし、ピンの位置も厳しい場所ばかり、プロでなければどれくらいのスコアなのか想像もつきません。



最初は、
石川遼の組について回ったのですが、フェアウェイの左2mに落ちたボールが見つからない!
「ロスト」になる前に見つかりましたが、ウェッジで5、60ヤードフェアウェイに出すのが精一杯!
そこは、一番凶悪なラフでしたが・・・。

そんな石川遼、ティショットを大きく曲げるケースは少なかったのですが、ちょっとのラフでも厳しいシチュエーションになってしまい、伸ばす展開ではなかったです。

飛ばし屋、大堀裕次郎と一緒に回っていたのですが、こっちはもっと荒れていました。

飛距離は、大体、石川慮の方が飛んでいた感じです。
大堀裕次郎が182cm、6~7cmの身長差があるのに凄い!
もっとも、175cmのローリーマキロイは別格にとんでいますが、別格に強靭な体躯ですから!

華奢な石川遼、凄いことではありますが、無理が来ちゃうんでしょう。
曲りとか、故障とか・・・。

まあ、これだけフェアウェイが絞られ、ラフが深いと・・・、石川遼には厳しいでしょう!
石川遼の場合、ラフに曲げてもそこから狙えるこーすでないと。



後半は松山英樹、小平智の組に。

石川遼の組もギャラリーはすごく多いのですが、こっちは破格の多さ!
一気にトップに躍り出たUS-PGATOURで優勝、凱旋のトッププレイヤーですから当然ですが。

3日目の松山英樹は、-5と当然すべてがかみ合ったナイスラウンド、特にドライバーが良くなってショートゲームも完璧、16番のショートの1stパットの打ちすぎは、石川遼も同じミスでちょっとでもホールを越えるとあんな感じになるシチュエーションでした。

体も太いし、芯も太い!
それでいてゴルフに向き合う姿勢も凄い!
強い訳です。


実力ではこのまま行くのが順当なのでしょうが、何があるかわからないのもゴルフですから!

今日はTV桟敷で観戦です。


それにしても、狭山ゴルフクラブ、改めて感じました。
綺麗なコース!

600万円あれば入会できそうです!

1億円くらい、宝くじが当たれば買いに行くのですが・・・。

Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる