一代 弥山 純米吟醸 おりがらみ を呑みました

Category : お酒のこと
今日も穏やかな朝です。
年末年始休暇も今日でおしまい、あっという間でした。




お正月はこんなお酒を吞みました。

20160103_01.jpg

一代 弥山(みせん) 純米吟醸 おりがらみ
日本酒度:+2


20170102_03b.jpg 20170102_03c.jpg


20170102_03a.jpg


おりがらみ
「もろみ」をしぼった直後のお酒のなかには細かくなったお米や酵母などの小さいな固形物が浮遊している。この固形物のことを「おり」という。
少し放置しておくことで「おり」を沈殿させ、上の澄んだ部分のみ使用すると透明なお酒ができあがるが、おりが沈殿した部分を混ぜたものが「おりがらみ」。

「おり」の濁りはほんの少しでした。
フルーティな吟醸香と生酒ならではのフレッシュ感、
それに「おり」の味と香りが少し感じることができる美味しいお酒でした。
おりがらみの複雑な味わいもあまり邪魔をせず、
それほど甘い(旨味)訳ではなく、吞み口はシャープ、後味もスッキリでした。

Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる