新インナーゴルフ

Category : 進歩と後退
今日は何度目かの『今冬一番の寒気』来襲だそうでかなり冷えた朝になりました。
ただ、風が吹いていない分体感的にはそれほどでもありません。



WGCアクセンチュアマッチプレイ、PGATOURのサイトを覗いたのですが、

130221_001.jpg

サスペンデット、
藤田寛之はマットクチャーとNo.14終了時点で3ダウン、絶体絶命のピンチです。
BS1の羽川Pの話では怪我(故障)もあるとか・・・あまり無理はしない方が。

只でさえハードな日程のマッチプレイ、決勝まで進む選手はさらに大変になりました。

というか、この雪で明日のプレイ・・・可能なのでしょうか?
日本のそれとは違うでしょうが。




さて、きょうのテーマです。

とあるQ&Aサイトを覗きました。
とある質問に、
とあるハンディ0の方が一冊の本をお勧めしていたのです。
それがこれ、

130221_新インナーG

どうやら、
自分の中には、『自分1』と『自分2』がいて、
『自分1』は『自分2』に指令を出す司令官、物理的な状況判断を行い、どういうスイングをするか思考し、実際に運動する『自分2』に指示を出す。

指示は『言葉』で出すらしい。
指示を出すということは、その結果も想定(期待)している訳でそれが『自分2』をプレッシャーとして追い込んでいく。こうなると本来『自分2』が持っている潜在意識/潜在能力が十分発揮されない。
さらに失敗した時に『この馬鹿!へたくそ!』と叱責する訳である。これが高じると最悪の場合スイングをしようとすると潜在意識/潜在能力がエラーを起こすようになってしまう。

では、そうならないよう『自分1』はどうすればいいのか?
『自分1』は何もせず全てを『自分2』に委ねることである。
そしてそれが上手くいったときが『ゾーン』状態なのである。

って感じの著書のようです。
巷では有名な本のようですが、自分は全く知りませんでした。(恥)

で、すぐ影響される自分、昨日ポチッとしてしまいました。
過度な期待は禁物とはいえ、バイブル的一冊になってくれると嬉しいのですが・・・。

Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる