読了 どちらかが彼女を殺した/東野圭吾

Category : 書評
暑くもなく寒くもない朝です。
これから気温、上がりそうですが・・・。



全米女子OP、現在進行中ですが朴院日、パター上手すぎです。
羨ましい。
日本勢は宮里藍が奮闘中ですが韓国勢二人が抜け出し過ぎでどうにも・・・。


AT&Tナショナル、ヤングスター、ジョーダンスピースがトップタイLIVEで見れないのが残念です。
石川遼は2つ落としてカットラインを2つオーバー、これから後半取り戻せ!
(7ホールで雷雨サスペンデッドでした)


ミズノOPはブレンダンがトップ、片山晋呉が続いていますが、それより何より、3打差川岸良兼に頑張ってもらいたい!
松山英樹、予選落ち・・・そんなこともあります。


アースモンダミンカップ、ジョンミジョンがトップに・・・。
お願いですから展開をつまらないものにしないでください!






さて、

どちらかが彼女を殺した
1996年(文庫化:1999年)



【あらすじ(概要)】(「BOOK」データベースより)

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。



【感想】

当作は二人のどちらかまでは明らかなものの、最後まで犯人が示されておらず読者が小説を読んで推理し結論を出すという趣旨で作られています。
ミステリーマニアという訳ではありませんので分からずじまいでした。
ただ、巻末の袋とじにヒントが収められており、それにより犯人はおおよそ特定できました。
現場に残されていた、あるアイテムによって犯人が特定されるのですが「そんなもんかい?!」というのが正直のところでした。

感想としては上記の趣向は凄いと感じさせられまし読みやすくドンドン引き込まれる感じでしたが、遠大なトリックもなく、殺人を犯す動機や必然性も伝わって来ませんでした。
また、主要登場人物は容疑者2名、犯人を捜す被害者の兄(警察官)、捜査担当刑事の加賀恭一郎の4名、それぞれ人間としての余り深みがあまり感じられませんでした。

最終的な犯人特定の検証はNETに頼りました。
結果、あまたの解説サイトが存在していました。今の時代はNETで検索して答えが得られる時代、便利と言えば便利ですが、ある種の脅威をも感じた次第です。



自分的評価はまあまあ、☆3つ(☆5つがMax)


Comment

非公開コメント

プロフィール

あすは

Author:あすは
熱しやすく冷めやすい中年親父
二匹の犬と多摩の地に暮らす

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる